映画-Movie Walker > 作品を探す > 私が、生きる肌

予告編を見る
私が、生きる肌の画像

妻を失った天才医師が、自ら開発した“完璧な肌”を移植して妻そっくりの美女を創り上げる。スペインの巨匠ペドロ・アルモドバルが、愛と狂気の境界線に挑んだ衝撃作。惜しげもなくさらされるエレナ・アナヤの裸体、ジャン=ポール・ゴルチエによる華麗な衣装、退廃的な性描写。官能美あふれる映像に目を奪われる。

3/5
総評価数 76
レビュー 11
投票 65
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (16)
星4つ 25% (33)
星3つ 25% (17)
星2つ 0% (8)
星1つ 25% (2)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

天才的な形成外科医ロベルは、交通事故で妻を亡くした。燃え上がる車の中で焼け死んだ妻を忘れられない彼は、ベラという女性患者を使って人工皮膚の研究に没頭する。そして、どんな傷にも耐えられる究極の肌を作り出す。ベラとロバートは、他の誰にも理解できない奇妙な絆で結ばれていくのだった。

見たい映画に
登録した人
161

作品データ

原題 La Piel Que Habito
製作年 2011年
製作国 スペイン
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 120
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 ペドロ・アルモドバル

キャスト

アントニオ・バンデラス
エレナ・アナヤ
マリサ・パレデス

レビュー

衝撃の事実

投稿者:アスピリクエタ

(投稿日:2014/4/12)

屋敷にボディスーツを着た女が監禁されている。なぜか?私はこの…

[続きを読む]

支持者:0人

恐るべき…ペドロ・アルモドバル監督

投稿者:eries

(投稿日:2012/7/10)

正直チラシのアートワークから言って タダナラヌ作品とは感じて…

[続きを読む]

支持者:0人

男嫌いなの!?

投稿者:があこ

(投稿日:2012/6/28)

アルモドバルが女性讃歌の作品が多いと思っていましたが、男が嫌…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

『私が、生きる肌』ジャン=ポール・ゴルチエの衣装スケッチパネル展を開催
『私が、生きる肌』ジャン=ポール・ゴルチエの衣装スケッチパネル展を開催(2012年5月17日 02:00)

ペドロ・アルモドバル監督が、作家ティエリー・ジョンケのミステリー小説「蜘蛛の微笑」を基に映画化した『私が、生きる肌』(5月26日公開)。その衣装を手掛けたのがジ…

全身ピチピチタイツのセクシー美女!? 鬼才の衝撃作に驚愕
全身ピチピチタイツのセクシー美女!? 鬼才の衝撃作に驚愕(2012年3月2日 02:25)

『オール・アバウト・マイ・マザー』(99)、『トーク・トゥ・ハー』(02)で知られるペドロ・アルモドバルの最新作『私が、生きる肌』(5月26日公開)は、これまた…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 私が、生きる肌