映画-Movie Walker > 作品を探す > DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見るの画像

いまや知らない人はいないほどの人気を誇る国民的アイドル、AKB48に迫ったドキュメンタリー『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued』の続編。東日本大震災の被災地を何度も訪れたり、精力的な活動を繰り広げた彼女らの2011年の動向に迫りつつ、前作では描かれなかったグループの中の光と影が映し出される。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 27
レビュー 3
投票 24
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 50% (5)
星4つ 100% (10)
星3つ 70% (7)
星2つ 40% (4)
星1つ 10% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

まぶしいスポットライトの裏で、少女はがっくりと肩を落としていた。6年間、エースとして、選抜メンバーとして脚光を浴びながら、プレッシャーと強烈な孤独に向き合ってきたその華奢な体は、どれほどの重荷に耐えてきたのだろうか。傷つくとわかっていても、夢に向かい、ステージに上がっていく彼女たちが、手に入れたもの、失ったものとは何なのだろうか。シングルCDではミリオンセラーを連発し、コンサートは3日間で9万人を動員。『じゃんけん大会』などのイベントでさえ、チケットは瞬く間に完売する。テレビ、雑誌などで、AKB48を見ない日はないというほどの活躍を見せているが、表舞台の華やかさだけが彼女たちの本当の姿ではない。本作は、AKB48の転機となった激動の2011年に密着し、独占インタビューとともに、その光と影をカメラに収めていく。東京、グアム、台湾、シンガポール、そして東北各地へ分刻みで飛び回る彼女たちの息づかい、流れる汗とともに、その内面にまで迫っていく。東日本大震災を経て、アイドルとして、人間として自分たちにできることを模索する彼女たちの瞳にあふれる、涙の意味とは。彼女たちは何を思い、どこへ向かおうとしているのか。

見たい映画に
登録した人
43

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 東宝映像事業部
上映時間 120
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

キャスト

関連ニュース

『DOCUMENTARYofAKB48』(5作品)

存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48
存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48 (2016年7月8日公開)

AKB48を追うドキュメンタリー映画のシリーズ第5弾

DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?
DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? (2014年7月4日公開)

AKB48のドキュメンタリー第4弾、13年から14年6月までの彼女らの活動を辿る

DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?
DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る? (2013年2月1日公開)

進化し続けるAKB48の表舞台と舞台裏の姿に迫るドキュメンタリー

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る
DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る (2012年1月27日公開)

AKB48の表舞台と舞台裏の映像を交えた、彼女たちの姿に迫るドキュメンタリー第2弾

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る