映画-Movie Walker > 作品を探す > 嵐に咲く花

「アビーの白薔薇」「鑵詰行進曲」「男女の戦」出演のジーン・ハーショルト主演映画で、カール・レムリー特作品の一つである。ルパート・ヒューズの原作を、ナン・コチレーンが脚本化し、チャールズ・ケニヨンが脚色、「情熱の砂漠」「新人の天地輝く」と同じくエドワード・スローマンが監督した。共演は「マイク」「男女の戦」のサリー・オニール、「言論の自由」「珍戦花嫁争奪」のマルコム・マッグレガー。因みにこの映画は『キネマ旬報』第 327号「試写室」欄に、「荷船の乙女」として紹介されている。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークの波止場からハドソン河を遡ってバッファローへと通う荷船の中に、船頭のマッカデン(ジーン・ハーショルト)は子供4人と共に住んでいた。マッカデンはつむじ曲りの頑固者で呑んだくれであった。長女のエリー(サリー・オニール)はもう年頃で、父親の手伝いをしていたが、小蒸気船の運転手フランシス・ファガーティ(マルコム・マッグレガー)の言いよる言葉に胸を躍らせるようになっていた。ファガーティは、日が暮れるとエリーを曳船の方に呼んで読書を教えた。これはマッカデンの知るところとなり、ファガーティはマッカデンと口論した揚句、解雇される。彼はトロイで曳船を去るが、その時にエリーを連れて町に遊びに行く。そのために、エリーは家へ帰ると父親に散々に打ち据えられた。傷ついたエリーは弟2人、妹1人をつれて家出をし、ファガーティの住居を尋ねる。ファガーティはエリーの真心に動かされ、結婚しようと決める。しかしその時マッカデンが通り合せ、ファガーティを人事不省になるほど撲り倒してしまった。それから幾月が流れて、ある大暴風雨の日、マッカデンの乗っている荷船はハドソンの河中へと押し流された。それを見た蒸気船にいたファガーティは跡を追って縄を投げ、荷船を止めようとするが落ちてきたランプに打ち倒される。エリーは縄を伝って蒸気船へとたどりつく。マッカデンも死力を尽くして船を操った。その甲斐あって、2つの船は首尾よく岸に着くことが出来た。それから2年後、マッカデンは酒を断ち、エリーとファガーディは結婚していた。一家は誰もが幸福そうに笑っている。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 The Girl on the Barge
製作年 1929年
製作国 アメリカ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 嵐に咲く花