ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター

2012年2月18日公開,113分
  • 上映館を探す

崖っぷちママさんロックバンドの奮闘を描いた五十嵐貴久の小説「1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター」を豪華キャストで映画化。ストレスを抱えた優等生主婦を黒木瞳が等身大で好演するほか、木村多江、山崎静代、真矢みきが各々の個性を生かしたキャラクターを生き生きと体現。彼女たちの弾けたライブシーンに注目!

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

嫌味な姑、無関心な夫、不登校の娘と悩み多き専業主婦の美恵子。コンビニでパートを始めた彼女は、男運が悪いバツイチのかおり、さびしがり屋の雪見、自称・元ロッカーの新子と出会う。互いの悩みを聞いて意気投合した4人は、ロックバンドを結成。1回限り1曲だけの演奏で学園祭に出演することになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東京テアトル
上映時間
113分

[c]2012「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • YO99

    4
    2012/3/7

    カミさんのお供で観賞。
    大人になると、間違い、失敗、食い違い、すれ違い、空回り、悩み、葛藤し、歯痒く辛くもどかしく苦しい“痛い日常”も繰り返されます。本作は、そんな痛い日々の中で苦悩する4人のアラ40主婦(含、元)達が、ひょんなことから出会い、かつての輝きを取り戻すため、ロックバンドを組んで演奏する事に挑戦する。その、孤軍奮闘、悪戦苦闘のサクセスストーリーです。
    メインはボーカル&リードギター=黒木瞳さんで、引き籠り女子高生の気配り過ぎ母&冴えない窓際オヤジの頑張り過ぎ妻を演じています。最初で最後のステージが娘の高校の文化祭チャリティーコンサートになります。キーボード=木村多江さんは男運の悪いバツイチ後輩。ドラム=南キャンのシズちゃんはぶりっこ万引きママ。ベース=真矢みきさんはアマチュアバンド仲間だった旦那が鬱で稼業の文房具屋を切り盛りするオバチャン。個性的4女優が、問題を抱えた主婦(やや極端化・誇張化されているかも)等を小気味良く演じています。
    リアルで演奏するステージの“スモーク・オン・ザ・ウォーター”は一見?一聴の価値有りです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 走れメロス

    4
    2012/2/28

     日経新聞の批評では★5つのうち2つで
    みようと思ってる人の気持ちを萎えさせますが,
    ★4つくらいありますよ。
     女の人が見るとわかるなあってところ
    いっぱいあるし、楽しめますよ。
     南海キャンデーズのしずちゃん
    素のままなんだけど、それがいいんです。
     

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • チリペッパ~

    5
    2012/2/18

    お客さんの層はどんなもんかなあと思いながら見に行きました。
    行ってみたら、結構いろいろな層のお客さんがいてました。いろいろな年齢層の皆さんが見たくなる映画のようです。

    映画の中では、大人の女性のとってもリアルな事情を見せてくれます。見ている人たちが「うーん、そやなあ」と納得してしまうようなリアルな事情。大人は大変や。

    そんなリアルな事情を抱えながらバンド活動をする。いいなあ。こんな状況に共感する大人バンドをしている人たちはたくさんいるんじゃないでしょうか?

    仲間が集まって泣いて笑ってけんかして目標を達成する、っていうのは「若者青春ストーリー」の鉄板ですが、大人モノでも十分イケますねえ。

    映画を観た後、最近触ってない楽器を触りたくなりました。
    この気持ち、カンフー映画を見た後キックパンチを出したくなるのと同じでしょうか?

    ZARDの曲が流れるところが、主人公達の年齢を意識しているように思いました。
    よかった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告