マメシバ一郎|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マメシバ一郎

2012年2月4日公開,59分
  • 上映館を探す

2009年のヒット作『幼獣マメシバ』の続編となるハートフルストーリー。前作でアルゼンチンへと旅立った佐藤二朗扮する中年ニート、芝二郎とマメシバ犬の異色コンビが、今度は心の旅に出る。永森裕二の脚本が醸し出す緩やかなユーモアに、イヌたちのフワフワ感をリアルに表現した3D映像が加わって、なごみ効果は抜群だ。2D版でも上映あり。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

37歳・独身・引きこもりの芝二郎は自称映画監督。相棒のマメシバ犬、一郎と叔父の重男を撮影しては動画サイトに投稿していた。そんな甥を見かねた重男は、友達探しと偽って二郎に見合いをさせるが、ことごとく失敗してしまう。そんな中、ひとりの女性が現れる。彼女は二郎が一郎を虐待していると思い込んでいた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
AMGエンタテインメント
上映時間
59分

[c]2011「マメシバ一郎」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.4
  • ポンの助

    4
    2012/2/12

    マメシバ一郎、劇場作品第2弾!!!
    しかも3Dって…

    テレビドラマをずっと観ていた者として期待はマメシバ一郎ちゃんの可愛い姿が3Dで観れちゃう♪(*≧∀≦*)♪
    と思ってましたが、不覚にも涙腺が緩んでしまったくらいストーリーがしっかり作られてます。

    次郎の一郎を思う気持ちが噴き出したしゅんかんに胸がガシッと鷲掴みされます!!!!!

    また"ニート"という存在は、ただただ悪くないんだと改めて考えさせられます。
    「心の病」を抱えて日々必死に生きてる人たちを知ってる人たちに観て欲しい!!!!!!!!!
    次郎のように不器用でもコンビというか相棒である一郎との"相思相愛"という存在がいるということで一つ外に出て進めるんだと教えてくれた。

    勿論随所に独特の「笑いのツボ」があり、難しくなく笑いながら一郎ちゃんの可愛い姿と次郎さんのシュ~ルな笑いに酔いしれられっぱなし!!!!!

    満点にしたかったのですが、"何故ゆえの3D"?!?!?
    という思いから一つ星を落とさせていただきました…

    でも不覚にも泣いちゃったくらい「素敵」な作品です♪(*≧∀≦*)♪

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告