映画-Movie Walker > 作品を探す > グッド・ドクター 禁断のカルテ

予告編動画を見る グッド・ドクター 禁断のカルテの画像

オーランド・ブルームが主演に加え、製作も担当した医療サスペンス。患者に恋し、彼女と離れたくないために病気を再発させようとする若き研修医の黒く恐ろしい企みが描かれる。研修医が恋する美しき患者を演じるのは、エルヴィス・プレスリーの孫娘ライリー・キーオ。監督はアイルランド出身のランス・デイリー

3/5
[?]評価方法について
総評価数 19
レビュー 1
投票 18
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 7% (1)
星4つ 7% (1)
星3つ 100% (13)
星2つ 30% (4)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マーティン・ブレイク(オーランド・ブルーム)は研修医として勤務し始めたばかりの若い内科医。良い医師を目指しているが、上司や同僚に自分を良く見せようとしては失敗し、ベテラン看護師からは理不尽な仕打ちを受けるなど、不安と焦りを募らせていた。そんなある日、18歳の少女ダイアン(ライリー・キーオ)が腎臓の感染症で入院してきた。担当医となったマーティンは、無条件の尊敬と信頼を寄せてくれるこの患者と接していく中で、自信を取り戻してゆく。さらにそれだけではなく、美しい彼女に特別な想いを寄せるようになる。マーティンの献身的で誠意あふれる治療によって、ダイアンは順調に快復していった。しかし、やがて彼女が退院してしまうと、彼の医師としての熱意は執着に変わる。ダイアンを取り戻すため、薬を密かに入れ替えて病気を再発させ、さらに再入院後の病室では点滴を巧妙にすり替えて快復を妨げるようになる。ダイアンの病状は悪化の一途を辿り、ついに取り返しのつかない事態に……。マーティンは犯した罪の重さに苦しみながらも、周囲の医師や看護師たちから疑われずに済んだことを安堵。ところが、事はこれだけで済まなかった。病室でダイアンの日記帳を発見した掃除係のジミー(マイケル・ペーニャ)が、彼を脅迫してきたのだ。その執拗な脅迫から逃れ、自分の罪を永遠に闇に葬るため、ついにマーティンは思い切った行動に出る……。

見たい映画に
登録した人
67

作品データ

原題 The Good Doctor
製作年 2011年
製作国 アメリカ
配給 日活
上映時間 97
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > グッド・ドクター 禁断のカルテ