外事警察 その男に騙されるな|MOVIE WALKER PRESS
MENU

外事警察 その男に騙されるな

2012年6月2日公開,128分
  • 上映館を探す

国際テロ解決のためなら民間人をも利用する。謎のベールに包まれた“裏の警察”こと警視庁公安部外事課の実態を描いたNHKの人気サスペンスドラマを映画化。綿密な取材に基づくリアルな設定のもと、渡部篤郎、キム・ガンウら日韓の演技派・個性派俳優が結集。二転三転する頭脳戦の行方から、かたときも目が離せない。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2011年、震災直後の日本。ある大学施設から原子力部品のデータが盗まれ、国際テロ組織との関連性が浮かび上がった。内閣情報室から警視庁公安部外事4課に呼び戻された住本は、ある貿易会社に目をつける。社長夫人の香織を取り込むことに成功した住本は事件の核心に迫るが、その矢先、何者かに刺されてしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東映=S・D・P
上映時間
128分

[c]2012「外事警察」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • ミチさん

    4
    2013/7/13

    丁度1年前くらいの公開だったんですね。その当時はテロリストに核を売り渡す役割だった某国、それが今や自分で使用すると言っていますが・・・。それにしても材料と起爆装置と科学者さえいれば、核爆弾はできるのでしょうか。そう安易とも思えませんが・・・。
    渡部篤郎は置いておいて、この作品では、真木よう子と尾野真千子との対決が見ものですね。お二人共好きな女優さんなので、十分楽しめました。特に真木よう子は、コメディからシリアスまで役柄が広いですね。別の作品ですが、モスクワでの受賞おめでとうございます。
    尾野真千子もちょっと表情が硬いですが、かえって、こういうミステリーでは映えますね。これまで女性捜査官の役割って、今ひとつピンと来なかったのですが、民間人(真木)を捜査に協力させる為ってのは凄いですね。
    これからもお二人のご活躍をお祈りします。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ns_hind

    3
    2012/11/24

    朝鮮半島でウランが流出し、同時期に日本から核関連技術が漏洩する。NHKサスペンスドラマのオリジナル映画化。

    公安の魔物・住本健司:渡部篤郎が再び登場。真木よう子は、TVシリーズの石田ひかりポジションを熱演。松沢陽菜:尾野真千子はそれ程出番なし。

    丁々発止のやり取りがえげつないほど面白い。

    今更ながら、古沢良太という脚本家は化物。面白そうな要素のあるドラマは全てこの人に託してみたくなる。

    音楽も良かった。

    悪人っぷりが今ひとつで、ドラマ版を初めて観た時ほどのインパクトは無いものの、まずまず良く出来ている。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • parlophone

    3
    2012/6/30

    テレビシリーズ、好きでしたね

    俺が尾野真千子を知ったのがこのドラマ
    ただ、テレビシリーズは段々ダレていった印象だったけどね

    NHKの土曜ドラマの映画化作品では、ハゲタカ位しか、ポジティブな話が聞こえてこないので、旬順している間に最終日を迎えてしまった

    内容は、韓国サイドを中心に、んーという部分は確かにあるけど、納得しつつも、ヤラレタ感のある大きなオチも含めて、善くも悪くも期待値をクリアした作品でした

    ひとつ苦言を呈すると、真木よう子が、半狂乱になるほど愛していた筈の娘を探さずに秘密基地?を脱出するところは、基地に子供がいない説明が必要だったね

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告