ダーク・フェアリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ダーク・フェアリー

2012年1月21日公開,100分
  • 上映館を探す

『パンズ・ラビリンス』などのダークファンタジーで知られる鬼才ギレルモ・デル・トロが脚本とプロデュースを手がけ、知る人ぞ知る傑作『地下室の魔物』をリメイク。「BATMAN」シリーズのコミック作家トロイ・ニクシーが初メガホンを握り、内気な少女と魔物たちとの闘いを描く。幻想的で絵画的な映像美に見応えあり。

予告編・関連動画

ダーク・フェアリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

父親とその恋人と共に、ロードアイランドの古い屋敷に引越してきた少女サリー。そこで秘密の地下室を見つけたサリーは100年前から封印されていた地下室の扉を開けてしまう。そこには小さな魔物たちがいて、家の中でいたずらをするのだった。大人たちはサリーの仕業だと思い、魔物たちの行動はエスカレートしていく。

作品データ

原題
Don't Be Afraid of the Dark
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ=オーストラリア=メキシコ
配給
フェイス・トゥ・フェイス=ポニーキャニオン
上映時間
100分

[c]2010 Miramax Film Corp. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • Movie Walkerユーザー

    3
    2018/9/1

    離婚した両親の父親とその子供、父親の新しい恋人は郊外にある屋敷に移り住んできた。その屋敷の地下には歯と骨を餌とする魔物が住んでおり、子供を呼び寄せる。不条理ホラー。子供は助かったが信じて助けてくれた恋人のキムは連れて行かれ、最終的には魔物と化しているラスト、、。父親は確かに役には立たなかったが、大人の凝り固まった頭では子供の言う魔物だ妖精だなんていう話を直ぐに信じられないのもしょうがない部分は大きいと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • Rira

    4
    2013/6/6

    何も考えないでインスピレーションで選んで見ました。
    見てから、ん?やたらファンタジーだなぁ…
    監督誰や?ってなって、
    デル・トロ!なるほどー!納得!
    と、なる作品。
    脚本はしっかりしてるし画造りも重厚感があって
    本当、ホラーというよりダークファンタジー。
    怖いというより切ないかなぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • hark

    3
    2012/2/10

    ダークファンタジーを得意とするギレルモ・デル・トロが製作、脚本を担当した作品。監督は新鋭のトロイ・ニクシーなので注意。

    正統派アメリカン・ホラーといったところでしょうか。古い家、地下室、子どもにしかわからない…などなど、ホラーとしての目新しいキーワードはないものの、ポルターガイスト的に姿を見せないのではなく、ちゃんと姿が見えるホラーなので、その辺すっきりしていていいです。

    美術がきれいなのが印象的。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告