シェアハウス|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シェアハウス

2011年11月12日公開,104分
  • 上映館を探す

湘南を舞台に、世代の異なる4人の女性たちがシェアハウスでの共同生活を通して変わっていく姿を描くヒューマンドラマ。監督は、「星砂の島のちいさな天使~マーメイド・スマイル~」の喜多一郎。出演は、「佐賀のがばいばあちゃん」の吉行和子、「驚かさないでよ!」の佐伯めぐみ、「釣りバカ日誌」シリーズの浅田美代子。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

夫と娘夫婦に先立たれた独り暮らしの女性・有希子(吉行和子)、恋愛ができない売れないケータイ小説家・麗子(浅田美代子)、JA勤めで孤独な独身女性・花恵(木野花)は湘南で暮らす友人同士で、海辺のカフェ“プラージュスッド”の常連だった。ある日花恵から、共同で家を持ち、仲間同士一緒に暮らすことを提案されるが、興味なく帰ろうとすると、1人の若い女性・まひる(佐伯めぐみ)が入水し、溺れているのを見つける。居合わせたサーファー・優人(牧田哲也)助けるが、まひるは放心状態に。有希子がまひるを引き取り、しばらく面倒を見ることになる。やがて、高齢の友人・かもめが人知れず亡くなり、正気を取り戻したまひるの後押しもあって、有希子の気持ちに変化が訪れる。こうして、4人のシェアハウスは動き出す。東京で帽子デザイナーとして働いていたまひるは、デザイン会社の後輩と恋人に裏切られて傷ついていた。しかしここでの暮らしで、少しずつ元気を取り戻していた。そんなまひるを、有希子は本当の娘のように愛する。環境を変え、麗子は恋に仕事に燃え、花恵は住宅関係の仕事に就こうと一念発起する。世代も性格も異なる4人の女性たちは、個を尊重しながら、気張らない生き方を見つけていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
ピーズインターナショナル
上映時間
104分

[c] 2011「シェアハウス」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6
  • Cape God

    3
    2013/4/3

    総合60点 ( ストーリー:65点|キャスト:75点|演出:65点|ビジュアル:75点|音楽:65点 )

     出演者の演技は良かったし、年齢を重ねて将来に不安を持ちつつ社会とのつながりを考えた生活をしていこうとする年齢の女性たちの物語も悪くない。大都会からちょっとだけ離れたのんびりとした海岸の町の風景も効果的に使われていた。初老にさしかかった女性には切実な映画だろうし、いいたいことは理解できる。でもまだそこまでの年齢ではない自分にはこのような作品はまだ早かったかな。ちょっと物悲しさや孤独感が残って、それは自分には怖かった。まだそんなことまで考えたくはない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告