TOP > 映画作品を探す > 寄性獣医・鈴音 GENESIS

寄性獣医・鈴音 GENESISの画像

漫画家・春輝による携帯コミックを原作に「牙狼<GARO> MAKAISENKI」の金田龍監督が映画化。人体に寄生し宿主を発情させる寄生虫が猛威をふるう都市を舞台に、寄生虫駆除のため日々奔走する女獣医の姿を描く。出演は「銀座愛物語 クラブアンダルシア」の吉井怜、「冷たい熱帯魚」の神楽坂恵、「アサシン」の高野八誠、「極道めし」の木下ほうか

2/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)
見たい映画に
登録した人
3

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

人体に寄生し宿主を激しく発情させる謎の寄生虫が猛威を奮うある都市。獣医であり寄生虫の専門知識を持つ美少女ドクター・有薗鈴音(吉井怜)は、寄生虫の匂いを嗅ぎつけ捕食する新種のカエル“カンテツ”と共に、謎の寄生虫を駆除すべく日々奔走していた。やがて寄生虫の爆発的増殖の裏に、悪の組織、鬼頭財閥の存在があることを知った彼女は、そこに幼いころ失踪した父・有薗博士(螢雪次朗)が関わっていることに気づく。鬼頭財閥の野望を叩くため、そしてもう一度、父に会い真相を確かめるため、危険を顧みず闘いを挑む鈴音。そんな鈴音の前に、鬼頭財閥の御曹司、高哉(高野八誠)や、博士の手下、相原尚美(神楽坂恵)が現れる。果たして鈴音は巨悪を打ち砕き、父に再会することが出来るのだろうか……。

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 東映ビデオ
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 金田龍
製作 福原英行百武弘二
EP 加藤和夫村上比呂夫
プロデューサー 川崎岳川上泰弘原和政
原作 春輝
脚本 藤岡美暢小林雄次
撮影 小林嘉弘
照明 大町昌路
録音 山田均
美術 亘勇樹
編集 藤田真一
音楽 三澤康広
主題曲 中島卓偉
闘技監督 大橋明
VFXスーパーバイザー 鹿角剛

キャスト

アリゾノスズネ 吉井怜
アイハラナオミ 神楽坂恵
キトウ 高野八誠
ホンマ 木下ほうか
倉貫匡弘
深水元基
レナ 久保ユリカ
タケダアオイ 星咲優菜
星野あかり
アリゾノハカセ 螢雪次朗

レビュー

過剰サービスが裏目?

投稿者:YO99

(投稿日:2011/12/13)

ネット高評に釣られてG&E通し観賞。~ん、残念。先日の「P9…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/16更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 寄性獣医・鈴音 GENESIS