映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ファミリー・ツリー > レビュー

投稿レビュー(24件)ファミリー・ツリーは星3つ

seriousなのにcomedicな1本 (投稿日:2015年1月26日)


浮気 事故 財産の相続
そんなにもserious深刻なテーマを
扱っている作品なのに
とても美しく
笑えるジョークを随所に含む
comedic面白い1本

「楽園」と「現実」
その狭間で生きるリアルな
家族愛が素晴らしいです!!!

»ガイドライン違反報告

投稿:S

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

「現実的」な家族の物語を「幻想的」に召し上がれ♪ (投稿日:2012年7月25日)

最終的には「アーティスト」に譲ったものの、アカデミー作品賞の有力候補。
まさに、「アカデミー賞最有力」って感じの作品でした。

●「家族」をテーマにした映画が好きだ。
●アカデミー候補になる作品には目がない。
●三度のメシよりジョージ・クルーニーを愛してる。

...という方にはオススメだと思います。

「家族」という身近な問題なので、「自分なら??」と感情移入させられます。
最後の画に代表されますが、心にスッと入ってくる家族愛の描写があります。
「現実的」には重たいであろう問題も、ハワイという「幻想的」な設定が打ち消してくれて、重た過ぎません。

ただ、自分は「家族モノ」に疎いもんで...「まァこんなもん」で終わっちゃいました。 »ガイドライン違反報告

投稿:Takahiro

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

奥さんそれはひどい (投稿日:2012年6月16日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

意識不明は、ちょっとずるい

残された家族

家族の絆がもどったから良かったけどね

意識不明の奥さんの所に

勝ち誇った様にお見舞いに来た

浮気相手の旦那の妻!

結構ムカついたょ

»ガイドライン違反報告

投稿:fu-

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

いぶし銀の魅力。 (投稿日:2012年6月9日)

日本の観客は総じて笑わないのが残念だ。面白いシーンが目白押しなんだけどな~。

やっぱり日本の観客はこういう「大人の笑い」が鑑賞できるレベルじゃないんだろうね。「酷くない? この映画」とか憤慨してた観客がいたが、いや、だって、そういう人生の悲喜こもごもを笑う映画なんだもの。

関わってる人は真剣でも、外から見たら笑っちゃうような状況の物語を描いて、アレクサンダー・ペインの演出は円熟味を帯び、いぶし銀になりつつある。

クルーニーがある事実を近くの知人に聞きに行くところとか大笑い。プールに潜った長女のシーンとか、笑った後にストンと涙があふれてくる。それと、奥さんの父親と母親のネタはなかなか痛烈だった。長女の友人の愛すべきバカ男も良かった。いるよね、若い奴にあーゆー奴(笑

奇をてらった演出は全くなくて、凄く当たり前に撮ってるんだけど、その当たり前が一つ一つ響いてくる。最後にクルーニー演じる主人公が下す決断が良い。

あと、こういう苦言が通じるかどうか判らんが、最近の予告編はエンディング近くの映像を見せすぎる。こっちが予告編を覚えられるぐらい映画館に通ってるのが悪い、という言い方もできるが、もうちょっと気を遣ってくださいな。 »ガイドライン違反報告

投稿:逢見細戸

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ジョージ走る (投稿日:2012年6月6日)

注)飛行機の中で観たので、映画館に比べて集中はしていなかったと思います。

世の中、こんなもんだよね。

いわゆる絵に描いたハッピーな映画ではなかったので個人的には高評価です。
べつに不幸なわけではないですが、平凡な家族とその周りをクローズアップした映画、といった感じです。

全てがうまくいく、ハッピーヒューマンドラマを求めては観に行かないほうが良いと思います。
あくまで家族の映画。 »ガイドライン違反報告

投稿:緋和

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

楽しめる (投稿日:2012年5月31日)

こんなに子供のこと知らない父親いるだろうか。

少し思ったが、それなりに面白かった。

娘たち二人と彼氏?と連帯して行動するところは

微笑ましくもあり面白い。

若者の気持ちが分かる映画です。

»ガイドライン違反報告

投稿:kenken

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

家族の絆、家族の力ってすごい。 (投稿日:2012年5月29日)

年頃の子を持つ親としてズズンと心に響きます。
家族って何だろう?家族の絆って何だろう?
日常はあまり考えない(考えたくない)テーマを
考えざるを得なくなったジョージ・クルーニー演じる
仕事一筋で家族を顧みなかった父親マットが
頑張る姿、奮闘する姿に応援、応援です。
妻の事故、浮気という不幸が、
結果的に家族の絆を再生し、絆を深めていき、
家族の力によって人生を立ち直ることができる。
うん、感動でした。
ハワイの風景も美しく、
バックに流れる音楽も心地よくて、美しかった。
ジョージ・クルーニーの演技力には脱帽でした。
アカデミー主演男優賞、残念でしたが…
掘り出しモンはシド役がなかなかいい味出してましたね。
»ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

クルーニーだから許せる最低の男 (投稿日:2012年5月29日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

結果的に、奥さんの浮気相手も家庭が有り、浮気してた奥さんだけが、可哀想で哀れな感じで映画は終わります。
そして、娘2人との絆は強くなったんですが、主人公自体にも、奥さんを浮気に走らせた責任は有ると思いますが、何の責任もはたしはしません。
挙げ句のはてに、浮気相手の家に行き、浮気相手の奥さんと接近し、奥さんに旦那の浮気を勘ずかせる行為を取ります。
これをジョージ・クルーニー主演でやっているから、まだ、不快感は無いけど、他の人が同じ事をやっていたら、最低の人間だと感じるし、最低の映画だと感じました。 »ガイドライン違反報告

投稿:星織音

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

情けない男のはずなのに (投稿日:2012年5月28日)

 娘が何を考えているかまるで知らなかった。娘も友達も知っていた妻の浮気を知らなかった。そんな情けない男もジョージ・クルーニーが演じると渋くて格好いい男になってしまう。さすが、クルーニー。 »ガイドライン違反報告

投稿:ヘンマニア

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

家族愛の素晴らしさ (投稿日:2012年5月27日)

家族愛とは何か?

観終わると考えさせられます

夫婦・親子・兄弟・いとこの関係の難しさ
ジョージ・クルーニー演じるマットの奮闘ぶりに感動させられます

ハワイアンが流れ続け、ハワイに行きたくなる気分になりました
行ったことないのに^_^; »ガイドライン違反報告

投稿:いしやん

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ファミリー・ツリー > レビュー