北のカナリアたち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

北のカナリアたち

2012年11月3日公開,130分
  • 上映館を探す

湊かなえの小説を原案に、主演・吉永小百合、監督・阪本順治という豪華組み合わせで描くヒューマンドラマ。かつての教え子が起こした事件をきっかけに、20年ぶりに北海道の離島を訪れた元小学校教師の女性が生徒たちと再会し、心に閉じ込めていた思いを打ち明けあう。生徒の20年後の姿を森山未來、満島ひかりらが演じる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北海道の離島の小学校教師となったはるは6人の生徒たちと出会う。彼らの歌の才能に気付いた彼女は、合唱を通して生徒たちと心を近付け、彼らの歌声は島の人々の心も優しく包んでいく。だがある日、悲しい事件が起こり、はるは追われるように島を離れる。そして20年後、かつての生徒の1人が事件を起こし、はるは再び島を訪れる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
130分

[c]2012「北のカナリアたち」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • mentaico00

    4
    2015/4/19

    北のある島の分校の先生と子供たちの物語。田舎では起こりそうにないけど起こるかもしれない感じの事件があって20年後に、教え子が起こした事件をきっかけに再会する。如何にもってストーリーだし、ハッピーエンドではないけれど、とても胸に沁みた。稚内と礼文に行ってみたくなった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • Numaちゃん

    4
    2014/7/29

    はる(吉永小百合)が阿部(仲村トオル)に心を惹かれた部分の描きが不十分に感じるが、それ以外は巧く構成された良い映画だと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 合言葉は盗みのぬ

    3
    2013/1/21

    後半の展開には驚き。
    森山の演技がいい。
    吉永小百合の作品は、生まれて初めて観たが、監督や他のキャストがいいので、マンネリ感が薄れていい作品になっていると思う。
    利尻・礼文などの景色が物語を盛り上げている。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告