運命の子|MOVIE WALKER PRESS
MENU

運命の子

2011年12月23日公開,128分
  • 上映館を探す

名匠チェン・カイコー監督による歴史ロマン。司馬遷の「史記」に登場する挿話で、京劇の題材としても知られる「趙氏孤児」の初映画化で、皆殺しにされた一族の孤児と、それを救った医師との壮大な復讐劇が展開する。冒頭の赤ん坊救出劇のスリル、複雑な人間関係が生み出すドラマと、衣装をはじめ色彩鮮やかな映像美を堪能したい。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

時は2600年前の中国・晋。敵対する武官によって一族を皆殺しにされた趙氏の妃は、信頼する医師に生後間もない男児を預ける。医師は赤ん坊を薬箱に隠して救出するが、それと引き換えに愛する妻子を失う。復讐を誓った彼は事実を隠して武官に接近。何も知らない武官と孤児は親子のように親しくなっていく。

作品データ

原題
趙氏孤児
映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
中国
配給
角川映画
上映時間
128分

[c]Shanghai Film Group Co., Ltd. Shanghai Film Studio/TIK FILMS/Stellar Mega Films Co., Ltd. /21 Century Shengkai Film [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.5

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?