新少林寺 SHAOLIN|MOVIE WALKER PRESS
MENU

新少林寺 SHAOLIN

2011年11月19日公開,131分
PG12
  • 上映館を探す

82年に公開され、日本でも大ヒットを記録したカンフー映画の金字塔『少林寺』を新解釈で描いたアクション大作。『インファナル・アフェア』のアンディ・ラウが、軍人から少林寺の僧侶として出家する男を熱演。また、本作が映画出演99作目となるジャッキー・チェンが、少林寺の厨房係としてコミカルな熟練アクションを披露する。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

20世紀初頭の中国。ごう慢な将軍・侯杰は、部下の曹蛮の裏切りにあい、一人娘を失う。侯杰を救ったのは、少林寺の厨房係・悟道だった。すべてを失いお尋ね者となった侯杰は、悟道の前で出家を決意。仏学に開眼し、武術を習い始めた彼は、僧侶として生まれ変わる。一方、権力を手にした曹蛮は、侯杰を連れ去るために少林寺に乗り込む。

作品データ

原題
新少林寺
映倫区分
PG12
製作年
2011年
製作国
香港  中国
配給
ブロードメディア・スタジオ=カルチュア・パブリッシャーズ
上映時間
131分

[c]2011 Emperor Classic Films Company Limited All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9
  • ns_hind

    3
    2012/3/24

    元将軍が出家し少林寺の僧となりてかつての因果と闘う中国カンフー映画。

    昔見た少林寺といえば禅寺修行僧が暴君と闘う話だった気がしますが本作では寺に逃げ込んできた元将軍が主人公です。当然因果がありまくります。皆が因果を抱え背後には西欧列強がいたりします。
    正直軸がぶれた感じがしてすっきりしません。本当にアンディラウは罪深い役に恵まれてます。

    一応ジャッキーチェンも出演。
    ユニークな所は、音声そして吹替字幕までが北京語と広東語のセレクタブルな所。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 5
    2011/12/10

    豪華キャスト。
    主要キャスト全員、好きな俳優さんたちでした。

    爽快アクション!ではなく、
    グッと重みのある作品ではありますが、
    あっという間の2時間ちょっとでした。

    アンディ・ラウ演じる侯杰や、ニコラス・ツェー演じる曹蛮よりもその他の少林寺僧たちに心打たれました。
    結構みんな個性的で、浄能さんの雰囲気やキャラ、俳優さんが特によかった。

    いつの時代も少林寺はああいう姿を持っていたからこそ、現代にも受け継がれているんだろうと思いました。

    ジャッキー・チェンはある意味いいとこ取りなキャラでした。

    大好きなニコラス・ツェーは悪役でしたが、、、
    ファン・ビンビンは相変わらず絶世の美しさ。

    そして中国映画は最後のエンディング曲がまたいいんですよね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • YO99

    5
    2011/12/5

    これほどまでに秀逸な作品が全国多数館で封切られているのに、メディアで話題にならないのが不思議です。
    アンディ・ラウ(主人公役)の冷酷から慈愛への変貌ぶり、ニコラス・ツェー(敵将)の悪逆非道さ、99作めのジャッキー・チェン(寺の料理係)の朴訥な人情ぶり、ファン・ビンビン(主人公妻役)の儚さと強さの両面を際立たせた美しさ。これらが全て中国拳法を介して繊細且つ雄大に描かれています。脇も一流陣で固められていますし、撮影スケールも桁外れです。
    仏教禅宗祖師である達磨大師を開祖とし「禅・武」一体として悟りを啓く修行道場が“少林寺”であるというのが基本設定になっています(中国における少林寺や少林拳の実際とは必ずしも一致していません)。
    権力支配と征服欲の虜になった軍人が陰謀・裏切りからお尋ね者に転落し、死別離別・挫折・逃走の末かつて愚弄した少林寺に救われ、出家し修行を重ねつつ周囲の人々との触合いの中で悟りを啓き“此彼を超越した平安”の境地に迫って行きます。最後は避難民と修行僧を山へ逃がし、重砲撃で寺が崩壊する中で敵将と死闘を繰り広げ追撃を逃れる時間稼ぎをします。遂には自らを犠牲にして敵将の命までも救い、“慈悲”を体現して大きな仏像の掌中で絶命します。
    まさに“人の業と悟”を、戦乱と少林寺や拳法の姿を借りて描いた壮大な人間ドラマです。勿論、拳法アクションも山盛りですし、スリル&サスペンスとロマンも随所に盛り込まれています。久々ウルっときた極上作品です。老若男女、一人でもカップルでも大勢でも、是非、観て感動していただきたい逸品です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告