映画-Movie Walker > 作品を探す > ヘルプ 心がつなぐストーリー

予告編動画を見る ヘルプ 心がつなぐストーリーの画像

1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人メイドと白人女性の友情を描いた、キャスリン・ストケットのベストセラー小説を映画化。深刻で重厚なテーマを描きながらも軽快なコメディ・タッチが評価され、新旧演技派女優の競演も話題を呼んで全米3週連続ナンバーワンを記録。監督・脚本を手がけたのは新鋭テイト・テイラー

4/5
[?]評価方法について
総評価数 206
レビュー 31
投票 175
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (102)
星4つ 75% (77)
星3つ 21% (22)
星2つ 4% (5)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1960年代前半のアメリカ南部。大学を卒業したスキーター(エマ・ストーン)がミシシッピ州ジャクソンの町に戻ってきた。ボーイフレンドもできないスキーターは母シャーロット(アリソン・ジャネイ)の心配の種だが、本人は結婚よりも作家になることを夢見ている。地元の新聞社に就職したスキーターの初仕事は、家事に関するコラムの代筆だった。家事の知識がないスキーターは、実家のメイドのコンスタンティン(シシリー・タイソン)に知恵を借りるつもりだったが、ひさしぶりに帰った実家に彼女の姿はなかった。問いつめるスキーターに、母は言葉を濁す。スキーターは友人エリザベスの家のメイド、エイビリーン(ヴィオラ・デイヴィス)に話を聞くが、取材を続けるうち、自分をとりまく南部の上流社会への疑問が芽生えてくる。そんな中、同級生のリーダー格、ヒリー(ブライス・ダラス・ハワード)は黒人が不潔だと主張し、各家庭に黒人メイド専用トイレを設置させる活動をしていた。ヒリーに感化されたエリザベスも屋外にエイビリーン用のトイレを造らせる。そんな仕打ちにも黙って従うエイビリーンの姿に、スキーターは胸を痛めた。黒人メイドの現実を伝える本を書きたいと、ニューヨークの編集者スタイン女史(メアリー・スティーンバージェン)に電話をすると、メイドたちの証言がとれるなら出版できるという答えだった。スキーターはエイビリーンにメイドの苦労話を聞かせてほしいと頼むが、頑なに断られた。南部で黒人が自由にものを言うことは、身の危険を意味しているのだ。だが、エイビリーンの親友で、ヒリーの家で働いていたミニー(オクタヴィア・スペンサー)が、家族用のトイレを使用したために解雇されたことをきっかけに、エイビリーンはスキーターの取材に応じることを決意する。そしてその小さな一歩は数多くの勇気へと広がり、やがて彼らを取り巻く社会を根底から揺るがす大事件へと発展していくのだった……。

見たい映画に
登録した人
394

作品データ

原題 The Help
製作年 2011年
製作国 アメリカ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
上映時間 146
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

60年代の米南部黒人差別を描いた1本

投稿者:S

(投稿日:2015/04/02)

大きなことを変えるための小さな1歩 そんなテーマととも…

[続きを読む]

支持者:0人

自分が自分でいるための勇気。

投稿者:サト

(投稿日:2013/01/18)

結構、アカデミー賞などに絡んできていて、 話題性がある映画…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ヘルプ 心がつなぐストーリー