琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ

2011年10月29日公開,96分
  • 上映館を探す

沖縄で絶大な人気を誇る特撮ヒーロー番組を、山田親太朗&ISSAら沖縄出身のタレントを主演に迎えて映画化。琉球に新たな帝国を築こうとする悪の軍団マジムンの野望を打ち砕くため、正義のヒーロー、マブヤーが立ち向かう。方言が飛び交い、ハブやマングースなど沖縄ならではの動物をモチーフにした怪人が登場する作風がユニーク。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ヒーローに憧れる青年ウルマはおばぁの力によって、知らぬ間に琉神マブヤーの力を宿してしまう。悪の軍団マジムンはウチナンチュ(沖縄人)に宿る7つのマブイ(魂)を奪い、悪の帝国を復活させようとするが、ウルマはマブヤーに変身して立ち向かう。そして、奪われたマブイを取り戻し、平和が戻ったかに見えたが、マジムンの魔の手が再び迫る。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
アスミック・エース エンタテインメント
上映時間
96分

[c]2011琉神マブヤーTHE MOVIE製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0
  • トム

    4
    2012/1/11

    沖縄で絶大な人気があり、現在は第三作目が放送されているローカル・ヒーローが映画で全国デビュー。
    作品にはマブヤーより先に地域限定ヒーローとして、一部で熱烈なファンもいる秋田の地域限定ヒーロー、超神ネイガーもゲスト出演。
    物語は「ヒーローに選ばれた若者の成長物語」と言う大筋はテレビ第一作目に添う形にしながら、主要メンバーを地元在住の俳優から沖縄出身の有名芸能人に代わり、キャラクターの職業等も変え、アクションシーンもグレードアップ。
    しかし、敵の目的が世界はおろか、沖縄征服と言う、かなりディープな目標を掲げる作品はマンガなどでは安永航一郎の「県立地球防衛軍」などがある(もっとも「県立地球防衛軍」はギャグマンガで、舞台も大分県をモトネタにした「架空の地方都市」ではある)が、今まで特撮作品では無かったのが不思議ではある。
    作品を初めて観る人にも充分楽しめますが、テレビシリーズを観ている人にはニヤリとする小ネタもあり、沖縄からのメッセージも込められた一本です。
    星は三つ半と言うのが妥当な所だと思いますが、沖縄愛に敬意を込め、四つにします。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告