ムーランルージュの青春|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ムーランルージュの青春

2011年9月17日公開,109分
  • 上映館を探す

昭和初期から戦後にかけて人気を集めた劇場“ムーランルージュ新宿座”の歴史を振り返るドキュメンタリー。“歌ありコントありトークありのバラエティ”という言葉を生み、有島一郎、森繁久弥、由利徹といった名優を輩出した劇場の歩みを、関係者の証言と舞台の再現映像で辿る。同劇場出身の三崎千恵子(「男はつらいよ」)も出演。

予告編・関連動画

ムーランルージュの青春

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

“ムーランルージュ新宿座”とは、浅草の玉木座の支配人だった佐々木千里が1931年(昭和6年)の暮れに開館した、芝居とレビューを提供する常設の劇場。屋根の赤い風車が目印となり、魅惑的なレビューダンスだけでなく、風刺劇や抒情劇で学生やインテリ層の人気を集め、戦争を挟んで新宿の街で20年もの間オリジナルのドラマを発信し続けた。この小さな劇場からは、有島一郎、望月優子、明日待子、森繁久弥、三崎千恵子、由利徹といった名優たちも巣立って行った。“歌ありコントありトークありのバラエティ”という言葉を生んだのも、この劇場。劇場が閉館してから60年。映画「二十四の瞳」や「幕末太陽伝」などの美術を手掛けた中村公彦が晩年、自分の美術監督の出発であったムーランルージュ新宿座の記録を残すための活動を開始する。中村は、映画の製作開始前に亡くなったものの、その遺志を継いだスタッフが活動を継続。やがてかつてムーランで活躍した女優、大空千尋に辿り着く。彼女のインタビューからムーラン関係者が1人1人パズルのように繋がり、楠トシエさんまで延べ20人に及ぶ貴重な証言を得ることとなる。何よりも大きな発見は、今でいうアイドルの元祖がこの劇場のトップスターだった明日待子だったという事実。15、6歳の無垢な踊り子を、男の子役として芝居に起用。胸の膨らんだその少年の一言二言に若い観客はドキドキしたという。トップアイドルだった明日待子と小柳ナナ子は、当時の雑誌や新聞に紹介されコマーシャルモデルやレコード、映画出演にと活躍。今と変わらない10代のアイドルだった。明日待子は、初代カルピス“初恋の味”のコマーシャルモデルでもあった。本作は、数少ないムーラン出身者に取材をして隠れていた貴重な資料や証言を拾い上げた貴重な記録映画である。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
アルゴ・ピクチャーズ
上映時間
109分

[c]幻野プロダクション [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?