映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・ウォード 監禁病棟

予告編動画を見る ザ・ウォード 監禁病棟の画像

SFとホラーの鬼才ジョン・カーペンター監督が『ゴースト・オブ・マーズ』以来約10年の沈黙を破り、復活を遂げた衝撃のサイコ・スリラー。1959年、とある精神病院を舞台に、『ドライブ・アングリー3D』の若手セクシー女優アンバー・ハード扮する記憶をなくした少女クリステンが、数々の怪奇現象を体験するさまが描かれる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 31
レビュー 1
投票 30
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 25% (4)
星4つ 37% (6)
星3つ 100% (16)
星2つ 31% (5)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1966年。20歳のクリステン(アンバー・ハード)は身に覚えのない放火の罪で精神病棟に送られる。同年代の少女ばかりを収容する奥の病棟に隔離され、そこでは一人ずつに部屋があてがわれた。クリステンは、初日の夜から見えない人の気配を感じ、いわれのない不安を抱く。同じような境遇の少女は、ボロボロのぬいぐるみを抱くゾーイ(ローラ・リー)、華やかなサラ(ダニエル・パナベイカー)、絵を描くのが好きなアイリス(リンジー・フォンセカ)、歌を得意とするエミリー(メイミー・ガマー)の4人。自分のことを狂人と認めている彼女たちとは違うと自負するクリステンであったが、担当医ストリンガー(ジャレッド・ハリス)と面接する中、自分の仕業とされる放火を見たことと自分の名前以外、一切の記憶を失っていることに気づく。さらにその夜、廊下を歩く奇妙な女性の姿を目撃し、事態は新たな展開を迎えるのだった……。

見たい映画に
登録した人
55

作品データ

原題 JOHN CARPENTER'S THE WARD
製作年 2010年
製作国 アメリカ
配給 ショウゲート
上映時間 89
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

何回も観ろ

投稿者:遠野あちき

(投稿日:2013/05/10)

はっきり言って一回観たときは刺して面白いとは感じなかった。。…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

『ハロウィン』製作総指揮の巨匠は、BABYMETALとAKB48ファン!?「オファーをもらっても大丈夫な準備はできてる」
『ハロウィン』製作総指揮の巨匠は、BABYMETALとAKB48ファン!?「オファーをもらっても大丈夫な準備はできてる」(2019年4月16日 21:00)

1978年にこの世に生を受け、ホラー映画史に名を残す傑作としていまも愛される『ハロウィン』。恐怖の化身“ブギーマン”の恐怖を描いた同作のその後が明らかになる新た…

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ザ・ウォード 監禁病棟