映画-Movie Walker > 作品を探す > 明りを灯す人

カンヌ国際映画祭をはじめ、世界中の映画祭で高い評価を得ている、心温まるドラマ。中央アジア・キルギス共和国出身の監督が自ら主演を兼任。同国の小さな村を舞台に、“明り屋さん”として親しまれる純朴な電気工の姿を見つめる。かつて遊牧民族だったキルギスの人々の穏やかな生活ぶりや、慎ましく生きる姿に引き込まれる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 11
レビュー 0
投票 11
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 25% (1)
星4つ 75% (3)
星3つ 100% (4)
星2つ 75% (3)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

キルギス共和国。天山山脈の麓、聖なるイシク・クル湖のほとりの小さな村。アンテナの調節や電気の修理から、時には貧しい家が無料で電気を使えるような細工まで行い、誰からも愛される“明り屋さん”(アクタン・アリム・クバト)と呼ばれる男がいた。彼は、妻のベルメット(アライカン・アバゾバ)と4人の娘に囲まれ、慎ましく暮らしていた。ラジオからは都会での政治的混乱のニュースが流れているが、村の暮らしは穏やかそのもの。そんなある日、都会から親友マンスール(スタンベック・トイチュバエフタリブ・イブライモフ)の親類ベクザット(アスカット・スライマノフ)がやってくる。目的は、国会議員に立候補するための票集め。エセン村長(アサン・アマノフ)は長老たちに、彼が土地を狙っていると警告する。ある夜、マンスールとともに酔っ払った明り屋さんは、電柱に登って感電してしまう。意識を取り戻すと、目の前で美女が微笑んでいた……。村長はベクザットからの票集めの協力を拒否したものの、明り屋さんはベクザットに“川向こうの渓谷に風車を設置して村の電力を賄う”という自分の夢を打ち明ける。その計画に力を貸す約束をするベクザット。やがて、エセン村長が亡くなると、ベクザットの推薦もあってマンスールが新村長に就任。マンスールとベクザットが中国の投資家を招くことになり、明り屋さんは大型テントに照明を設置する。だが、マンスールとの関係は以前と違ってギクシャクしていた。明り屋さんは、感電したときに出会った美女が村の老女の孫娘で、生活費のために身を落として働いていることを知る。その彼女が投資家の接待に現れ、裸にされる姿を見て、堪らず止めに入る。だが、彼女はそれを拒否。明り屋さんはベクザットの部下に殴られ、川に捨てられる。強い風が吹き、明り屋さんの風車が力強く回り出し、電球に明りが灯る。勢いよく自転車を漕ぐ人影があった……。

見たい映画に
登録した人
58

作品データ

原題 THE LIGHT THIEF
製作年 2010年
製作国 キルギス フランス ドイツ イタリア オランダ
配給 ビターズ・エンド
上映時間 80
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

関連ニュース

手作り風車で村中に明かりを灯そうとする男の姿に見る、本当に豊かな生活とは?
手作り風車で村中に明かりを灯そうとする男の姿に見る、本当に豊かな生活とは?(2011年10月8日)

中央アジアの南部、中国の西部に位置する山と草原の国、キルギス共和国。中央アジアのスイスとも称され、風光明媚で知られるこの地の小さな村を舞台に、純朴な電気工の男が風力発電で村中に光を灯すまでを描いた人間ドラマ『明りを灯す人』が10月8日(土)…

フォトギャラリー

ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 明りを灯す人

ムービーウォーカー 上へ戻る