映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ゴーストバスターズ(2016) > レビュー

投稿レビュー(19件)ゴーストバスターズ(2016)は星3つ

もっと敵側の背景を (投稿日:2016年9月20日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

エンドロール後の映像:あり

オマージュならもっと「原点に沿って作れ」と思う。
・仲間が集まる
・幽霊の科学的解析
この辺は良いが
・なぜ敵が出現したか

・・・の背景や根拠がほとんど無い。
(単純に「幽霊がでてきて退治しただけ→町が救えた→友情が深まった→周囲にオバケの存在を信じてもらえた→私らも周囲に認められた→あぁ、よかったね」になってしまっているのが残念だった。まぁ絵的には悪くないけども。素直過ぎる構成が引っかかる。)

これがゴーストバスターズ1・2作目とは大きく違うところだと何人の人が気付いただろう・・・?

オバカでイケメンキャラのケヴィンが敵に乗っ取られた後にある【ミュージカルチックな演出】は寒いから要らない。ありゃぁクソだ。

「ハロルド・ライミス に捧ぐ」とあるが。
やはり自分からしたら原点には勝っていない。
素材が良いから☆5にしたが、本当は☆3.5が妥当。

笑いの部分を申し分程度に作っているところ、
男性4人にしなかったところ、
ここが原点と区別がいって気に障らなかった。

笑いは無しでも良いとして、
キャラを男性にしていたら☆2だったな。
そこまで似せるなら「おいおい!原作をもっとよく見ろよ!!」とキレそうになる。 »ガイドライン違反報告

投稿:すけ。

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

予定されていた“3”とは別物だけど、頷けるリブート作 (投稿日:2016年9月12日)

クリス贔屓のカミさん同伴で3D字幕観賞。直前に家で“1”を見直してからの観賞だったのでハマりまくりでした。
第1作へのオマージュ感満載で凄く楽しめます。もちろんカメオ出演も見逃せません。ビル・マーレイは堂々と出てますが、タクシー運転手、ホテルフロント、葬儀屋、(エンディングで一発来ますよ)気づかずに見過ごすかも。
流れ的には“1”の前半を拡大した感じ。エンディングで後半戦へのキーワードを堂々と披露しています。
今回は主役4人が女性。ノリは“ピッチ・パーフェクト”並み。頼りない秘書が男性=クリス。このお馬鹿加減が半端ない面白さです。クリスの存在が作品を引き立てているとも言えます。
予定されていた“3”とは違う方向になったということですが、立派に名作の流れを汲んだ、メチャクチャ楽しい豪快なゴースト系SFアクション大作です。
次作が早く観たいと思う魅力が満タンです。 »ガイドライン違反報告

投稿:YO99

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

昔のゴーストバスターズのドキドキ感は皆無 (投稿日:2016年9月10日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

観てきました。

もちろん、昔のあの映画はめちゃ好きでした。
これがきっかけで
ビル・マーレイ、
ダン・エイクロイド
でレンタルビデオで映画探ししました。

ダン・エイクロイドは

大逆転
スパイ・ライク・アス
もちろん、
ブルース・ブラザーズ。

ビル・マーレイは今でも活躍です。

3人のゴースト
エド・ウッド
恋はデジャ・ブ
知らなすぎた男
最近でも
ブロークン・フラワーズ
ヴィンセントが教えてくれたこと

とか、自分の中でいい作品メーカーな人です。

さてさて・・・
リメイク作観るのやめようかと思いましたが、観てきました。



コロンビア大学で物理学者のエリンは終身雇用を目指してそつのない行動を心掛けていた。
しかし、ある日彼女が若いころに書いたゴーストの本を見てゴーストの調査が舞い込む。
そんなことがばれたら、この契約がふいになると思ったエリンは共著のアビーのいる大学へ乗り込む。彼女は未だゴーストの研究を進めており、今回エリンの依頼に興味津々、アビーの共同研究者ジリアンを連れて幽霊屋敷に乗り込む。
そこで、3人は初めてゴーストを目のあたりにして研究を進める決意をする。
しかし、大学から追い出され、そこに地下鉄の受付パティを含め
ゴーストバスターズを結成する。

薄い・・・・
薄すぎる・・・・・

昔はワクワクしたのに。

ゴーストとシガニーができちゃったりとか・・・・

怖いものを連想するな!!っと言われて
マシュマロマンだったりとか・・・・

ワクワクしたかったです。
残念。

あの時代のワクワク感を期待するのはだめなんでしょうね・・・
おそらく。

筋を追っていくだけ・・・
しかも、機械類はレトロのままなんか無理やり。
そんで説明は素粒子・・・
そんなん、加速器なしでその事象見れるわけないやん!!
ってな感じで・・・どんどん薄れていきました。

しかし、当時のメンバーが随所に。
アンチゴースト科学者にビル・マーレイ。
タクシー運転手にダン・エイクロイド。
ジリアンの師匠にシガニー・ウィーヴァー。

映画の最後にハロルド・ライミスに捧げられてました。
亡くなられたんですね・・・

監督として
アナライズ・ミー

悪いことしましョ!
楽しかったです。

脚本も前作はハロルド・ライミスとダン・エイクロイド。
いや~、楽しかった!!

今の人には新鮮に映るんですかね?? »ガイドライン違反報告

投稿:どすん

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

エンドまでクリス。 (投稿日:2016年9月10日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

オリジナル当時リアル世代だったのでよく覚えているが、
あちらでカルト的なファンを獲得しているなんて驚いた。
私的にそれほど面白いとは思わなかった作品で、巨大な
マシュマロマンや、妙にエロ怖いシガニー姐さんなど超
のつく大きさに対して彼らを退治するバスターズ面々の
まぁユルイことユルイこと^^;そんな落差や温度差は笑い
の方でも効いていて、SNLばりに穏やかなる失笑の嵐。
いいのか?この脚本で(失礼)というのが今作も踏襲され、
理系女子たちのユルイお笑いあり結構なアクションあり
でまずまず楽しめる。コメディ女優たちがキッチリ仕事
をこなしているため、ここはイケメン俳優にやらせよう
とあんなアホな役で^^;クリスを担ぎ出したのも大繁盛し
エンドまで彼の独壇場。結果イケメンはバカでもモテる
ことが証明されている。旧キャスト達のカメオも楽しく、
どこに出てくるかと思えばここで!?という箇所で登場
してきたり、アイドル化したあのキャラクターも懐かし
のあのオバケも登場するのでニヤニヤしながら楽しめる。
エンドの後のオマケは…続編やるってことなのかしらね。

(そういやオリジナルのビルってセクハラ男だったな^^;) »ガイドライン違反報告

投稿:ひゃん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

往年の名作タイトルに恥じない作品にはなってると思う (投稿日:2016年9月7日)

誰もが知るSFアクションの大傑作にちなんだ作品なわけですが、いやいや、これこそ映画!だよね。って感じでオリジナルのGBを振り返りつつ楽しく鑑賞させていただきました。
いい意味で80年代の香りがうまく漂ってるし、劇中にて散見されるエイティーズのエッセンスが、いい感じで新旧うまく融合したGBの世界観を作り上げていたように思います。
時を経てオリジナルをベースとする作品を作ろうとすると、往々にして全く異なる世界観や雰囲気、設定になってしまう事が多々ありますが、このGBはオリジナルを尊重しつつ、かつてのGBの世界観をそのままに非常に完成された作品に仕上がっていたように思います。
またDebargeが好きな自分にとっては、これまたこの作品の評価を上げたくなる要素の一つでもありました。
個人的にはキャスティングも非常に良かったように思います。
ただ、序盤の展開や演出は大変良かったのですが、後半は際限なくはっちゃけ過ぎてる感が強いように感じ、その派手さとは裏腹に、逆にストーリーや展開は雑になってしまっていて、そんな訳でどこか冷めてしまった部分があったようにも思います。
が!なんにせよ、娯楽映画として劇場で観るにはいい作品かと思います。
当作品の興行収入次第ということにもなるかと思いますが、続編なりの構想はある様子?

実は、公開前に作品の導入部分を観てはいたのですが、あ… これ劇場でしっかり観たいわ… と、いうことで国内での上映を心待ちにしてました。
その演出から、この作品こそMX4Dで観たいと思って期待してましたが、MX4Dでの公開がなくがっかり…
で、それなら3Dで観ようかと思いましたが、3Dでは吹き替えしか無いのとで再度がっかり…
非常に良い作品ではありましたが、オリジナルにはかなわなかった…と、いうわけで、評価は5としておきますが、実際は5未満の扱いで…

しかし、レイ・パーカー・ジュニアのGHOST BUSTERSはホントいい曲だわw
»ガイドライン違反報告

投稿:earlygirl

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

実に面白い。楽しめた。 (投稿日:2016年9月3日)

クリステン・ウィグ演ずる女流素粒子物理学者エリンがコロンビア大学助教授のテニュアを奪われて、成り行きでゴーストバスターズになっていく様子など、とってもリアルでそのとーり、という感じ。科学者の現実世界をとってもよく再現している。実に面白く心から楽しめた。ニューヨークの匂いもしっかりしてきた。

ご覧になる人は、エンディングロールも観てください。おバカキャラのクリス・ヘムズワースの切れっきれのダンスを楽しめます。

さらにエンディングロールの終わった後も。レスリー・ジョーンズが謎の呪文を吐きます。
»ガイドライン違反報告

投稿:ひつじ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

笑えます (投稿日:2016年8月31日)

難しいこと考えずに、見てください。
散りばめられたギャグがかなり笑えます。
自分の後ろに座っていた小さい女の子の楽しそうな笑い声ときたら!

演者の演技も上手いし、最後の街の景色で人々がゴーストバスターズを受け入れた感じの演出も最高だった。

本国アメリカのありえない批判とか、知った後見たので、より最後のシーンが印象に残った。

昔の作品を見てなくても楽しめる作品です。 »ガイドライン違反報告

投稿:あっきぃ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ゴーストがパワーアップして戻ってきたよ! (投稿日:2016年8月31日)

初めの作品しか(2は見てない)見たことないのですが
当時より映像技術も退治する機械もパワーアップしてます。

笑える場面も多くて、見ていて面白いです♪
クリス・ヘムズワースの役も今時珍しいぐらいのおバカキャラ。
いい味出してます☆

カメオ出演もあり、当時を懐かしみながら
見ても楽しいかと思います。

なんといってもあの音楽が流れるとテンションが上がりますね~♪ »ガイドライン違反報告

投稿:ナコ

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

予想よりはよかったですが・・・ (投稿日:2016年8月31日)

80年代のゴーストバスターズもタイムリーに劇場で観た世代です。

今回のゴーストバスターズは観ようかどうしようか悩んだ末に勇気を出して観賞しました。

結果、予想よりは笑えるところもありましたが、今回の主人公の4人を女性にしたことに囚われ過ぎていて、ストーリーのヒネリが今ひとつでした。

また、4人の個性も何処かありがちで、前作のあの強烈な印象にはほど遠かったです。

ある意味クリス・ヘムズワースの演じる受付係のケヴィンが一番よかったです。

ビル・マーレィやダン・エイクロイド、シガニー・ウィパーなど前作の登場人物のカメオ出演がありましたが、これがまた無駄に使われていて、全くワクワクしませんでした。

最近、やたら多いリメイクでいつも思うのは「どうして今、この映画なの・・・」です。 »ガイドライン違反報告

投稿:杉ちゃん

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ツッコミどころはあるけれど、痛快なゴースト退治!! (投稿日:2016年8月29日)

【賛否両論チェック】
賛:ゴーストに熱中していた昔の自分を取り戻した主人公が、並みいるゴーストを仲間と協力して倒していく様が痛快。コメディ要素が満載で、何も考えずに楽しめる。
否:お話としてはかなり荒唐無稽なので、ツッコミどころは多すぎる。過去の作品のファンにも、好みは分かれそう。

 過去と決別し、生真面目な科学者の道を歩んでいた主人公が、旧友との再会や奇妙な事件との遭遇をきっかけに、昔の自分を取り戻してゴースト退治に奮闘していく様が、非常に痛快です。
 登場するゴースト達も個性豊かで、思わず笑ってしまうものから強いものまで様々。小さい子にはやや怖いかも知れません。
 ラストはやや呆気ない感もありますが(笑)、深く考えずに楽しめる娯楽作品に仕上がっています。 »ガイドライン違反報告

投稿:門倉カド

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画作品を探す > ゴーストバスターズ(2016) > レビュー