映画-Movie Walker > 作品を探す > もうひとりのシェイクスピア

予告編動画を見る もうひとりのシェイクスピアの画像

史上最高の劇作家と呼ばれながら、その生涯が謎に包まれているウィリアム・シェイクスピア。彼の手による名作の数々は、実は別の人物が手がけていたともいわれる、文学史上最大の謎に迫る歴史ミステリー。数々のスペクタクル作で知られるローランド・エメリッヒ監督が、16世紀末のロンドンを舞台に、時代に翻弄された男の運命を描く。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 60
レビュー 12
投票 48
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 60% (15)
星4つ 100% (25)
星3つ 56% (14)
星2つ 24% (6)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

16世紀末。エリザベス一世統治下のロンドンの街では演劇が盛んになり、市民も貴族も芝居に熱狂していた。ある日、オックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア(リス・エヴァンス)が、サウサンプトン伯(ゼイヴィア・アミュエル)に連れられ、評判の芝居を見にやってくる。作者はベン・ジョンソン(セバスチャン・アルメストロ)。鮮やかな芝居に感心するエドワードだったが、芝居の途中でエリザベス一世の宰相、ウィリアム・セシル卿(デヴィッド・シューリス)の兵が現れて上演を中止させ、劇場は大混乱となる。セシルは、老いたエリザベス(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)の後継にスコットランド王ジェームスを据えようとしていた。エドワードにとってセシルは義父だが、彼はチューダー朝の王たるべき者が後継であるべきと考えていた。エドワードが庇護するサウサンプトン伯とともに“エリザベスの隠し子”と噂されるエセックス伯も強力なチューダー朝派で、セシルは彼らをエリザベスから遠ざけようしていた……。16世紀半ば、若きエリザベス(ジョエリー・リチャードソン)は、オックスフォード家に招かれ、エドワードによって書かれた芝居を見る。それから間もなく父を亡くしたエドワードは、ある密かな理由からセシル卿に引き取られて英才教育を受け、文武に秀でた美しい青年へと成長。やがてエリザベスはエドワード(ジェイミー・キャンベル・バウアー)を男性として愛するようになる。女王とエドワードの恋愛に危険を感じたセシルは、エドワードを宮廷から追放。だがエリザベスはエドワードの子を身ごもっていた。エドワードはセシルの娘と結婚を強いられ、以来彼は望みを失い、屋敷の書斎に篭ってばかりいる生活を送るようになった……。牢に捕われていたベンを助けたエドワードは彼を自分の屋敷の書斎に招くと、自分が書いた戯曲を君の名で上演して欲しいと申し出る。エドワードが渡した戯曲は「ヘンリー5世」。半信半疑で役者たちに戯曲を渡したベンだったが、ローズ座での上演は大好評。興奮した観客は作者の登場を要求するが、その時、ベンの機を先んじて、芝居に出ていた役者ウィリアム・シェイクスピア(レイフ・スポール)が舞台に進み出て自身が作者であると名乗り出る……。

見たい映画に
登録した人
165

作品データ

原題 Anonymous
製作年 2011年
製作国 イギリス ドイツ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 129
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

オックスフォード伯 リス・エヴァンス
エリザベス1世 ヴァネッサ・レッドグレイヴ
若き日のエリザベス1世 ジョエリー・リチャードソン
ウィリアム・セシル デイヴィッド・シューリス
サウサンプトン伯 ゼイヴィア・サミュエル
ベン・ジョンソン セバスチャン・アルメストロ
ウィリアム・シェイクスピア レイフ・スポール
ロバート・セシル エドワード・ホッグ
若き日のオックスフォード伯 ジェイミー・キャンベル・バウアー

レビュー

本当の話?かも・・・

投稿者:@ゆう坊

(投稿日:2013/05/06)

誰にも知らされていない、シェイクスピアのそうだったかもしれな…

[続きを読む]

支持者:0人

男の嫉妬

投稿者:2006年から映画

(投稿日:2013/01/28)

面白い!想像力を大いにかき立てられます。 シェークスピアっ…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > もうひとりのシェイクスピア