TOP > 映画作品を探す > グッド・ハーブ

グッド・ハーブの画像

ベルリン国際映画祭やサンダンス映画祭など世界で高い評価を得ている女性監督マリア・ノバロの日本初公開作。女性を主人公に作品を撮り続けている監督が実体験をもとに描くのは、シングルマザーの娘と認知症を患った母親の生き方と心の絆。母娘のドラマに胸が熱くなる。また全編に登場する数々のメキシコのハーブにも注目。

2/5
総評価数 6
レビュー 1
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (4)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (2)
見たい映画に
登録した人
21

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

コミュニティラジオのパーソナリティを務めるダリアは、ひとりで息子を育てるシングルマザー。母親のララは、メキシコでも有数のハーブ研究者で、夫と別れた後も植物の研究に没頭していた。そんななか、ララがアルツハイマー型認知症であることが判明する。母との人生を振り返るダリアだったが、母に残された時間はわずかだった。

作品データ

原題 THE GOOD HERBS
製作年 2010年
製作国 メキシコ
配給 Action Inc.
上映時間 120
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > グッド・ハーブ