TOP > 上映中の映画作品を探す > 狂乱の大地

架空の共和国エル・ドラドを舞台に、抑圧と解放をめぐり揺れ動く人々のドラマを、現実、観念、象徴、回想、幻想を交錯させながら描く。監督は、ブラジルのシネマ・ノーヴォを代表するグラウベル・ローシャ。1967年カンヌ国際映画祭ルイス・ブニュエル賞と国際映画批評家連盟賞、ロカルノ映画祭グランプリなどを受賞。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ
見たい映画に
登録した人
2

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

架空の共和国エル・ドラド。理想に燃えたジャーナリストにして詩人のパウロ・マーティンス(ジャルデル・フィーリョ)は、保守政治家ポルフィリオ・ジアス(パウロ・アウトラン)に目をかけられていた。しかし、地方に行き、活動家サラ(グラウセ・ローシャ)と出会う。サラと意気投合したパウロは、民衆に人気のある進歩派議員フェリペ・ヴィエイラ(ジョセ・レウゴイ)を、貧困と不正義を変革する新しいリーダーとして知事に押し上げる。しかし、選挙に勝ったヴィエイラは、これまでのしがらみにとらわれ、何一つ変革することができなかった。失望したパウロは首都に戻ると、国内一の企業家フリオ・フエンテス(パウロ・グラシンド)に近づく。しかし大統領選が近づくと、フエンテスはパウロを裏切る。パウロは武装闘争に立つため、再びヴィエイラと組む。

作品データ

原題 TERRA EM TRANSE
製作年 1967年
製作国 ブラジル
配給 日本スカイウェイ=アダンソニア
上映時間 107
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

パウロ・マーティンス ジャルデル・フィーリョ
サラ グラウセ・ローシャ
ポルフィリオ・ジアズ パウロ・オトラン
フェリペ・ヴァレイラ ホセ・レーゴイ
フリオ・フエンテス パウロ・グラシンド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 上映中の映画作品を探す > 狂乱の大地