映画-Movie Walker > 作品を探す > ムカデ人間 > レビュー

投稿レビュー(10件)ムカデ人間は星3つ

日本人が観ると、また違う見え方になりますが…w (投稿日:2013年6月13日)

ポレポレ東中野で『クソすばらしいこの世界』公開記念【クソすばらしいオールナイト】で鑑賞
併映は『息もできない』『クソすばらしいこの世界』です
本作は北村昭博繋がりのセレクションですが、以前から観たかったので…これが目当てで来たようなものなんですがw

しかし…これって一体、何なんでしょう?w
ホラー?サイコサスペンス?
なかなか意味不明な世界観ですねぇ…

トンデモな内容だけど、以外にもストーリーは面白かったりしてw
結構、緊迫感とかあるますしね
博士のマッドな感じもキライじゃありませんw

でも、博士…なんで、これを先頭にしちゃったかな…
一体、どういう趣味なんでしょうかねえw

これ、日本人が観るのと、他の国の人が観るのじゃ、だいぶ印象が違うんじゃないでしょうかね
日本人(北村昭博)がかなり前に出ており…空気感が、一人だけ異質過ぎるw
嘘くさい関西弁混じりの日本語…要するにガラの悪いチンピラ風?
しかも、日本語しか喋れないって、一体、どういう設定でこの国にいたんだ?パックツアー?w
ちなみに、あのガラの悪い喋り方は、亀田三兄弟の父親、亀田史郎がモデルらしいですw

とにかくセリフ言うたびに、場内爆笑ですよ…こんな映画なのにねw
この日本語のセリフを字幕で観ている人は、どういう感想を持つんでしょうねえ…気になります
それに、ラスト近くの北村昭博のセリフが、また何とも…
あまりに唐突過ぎる上に、急にキャラクターが変わったかのようなw
日本語のセリフは、一体、だれが考えたんでしょうね…海外の映画でよくある適当な日本語とはちがって、かなりシッカリしてるし、自己主張もできてる…というか、前に出過ぎな感じしますけどw
…と思って調べたら、やっぱり、完全に北村のアドリブだったみたいですね~
良くも悪くも、完全に独特の世界観を作り上げましたね…多分、本来とは違う方向だと思うんですけどw

そして、ラストの壮絶さも印象に残りますねえ
てか、この状況で真ん中はイヤだな…シッポ役の顔色悪すぎるしw
つうか、このシステム、絶対後ろまで栄養行き渡らないだろ…博士、ちゃんと考えてる?w

ストーリー自体はね…まあ、評価しても意味ないというか…逆に、こんなに骨子がしっかりしてるんだって方に、ちょっとおかしさを感じたくぐらいでw
もっと完全にインディーズみたいなノリかと思ったら、予想外にちゃんと作ってるんだな…って思っちゃいました
ただ、惜しむらくは、映像的な表現で…結局、最後まで、接合部の包帯取れないんですよね
コンセプト的には、ここら辺のディテールにこだわって、しっかり見せて欲しかったな…と思います

まあ、そうは言っても、ここまで異質な作品は、評価せざるを得ないでしょう
でも…もう一度観ようとか思うだろうか…いや、何年かしたら、またコレが観たくなるのか…?w »ガイドライン違反報告

投稿:まこと

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

思い出したくもありません(良い意味で) (投稿日:2013年2月2日)

日本人の演技「ホンマすいません!ほんますみません!」のシーンが頭から離れない。何故か罪悪感を感じた。食事中に見るものではなかった。後悔しているが反省はしていない!まれに見る糞映画だった(良い意味で)。とりあえず2も見ることにした。次は友達も巻き込もう(良い意味で)。 »ガイドライン違反報告

投稿:どどんご

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ヤバイ作品です! (投稿日:2012年6月11日)

噂通りヤバイ映画でしたね(^_^;)バトルシップ並みに日本人が頑張ってたのと関西弁が最高でしたw悲惨なんですがちょっと笑いが。次回は外科医じゃなく素人の男が無理矢理○げるとか。ちょっと見る勇気が((((;゚Д゚))))))) »ガイドライン違反報告

投稿:かずヤン

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

後味の悪さナンバーワンムービー (投稿日:2012年4月23日)

▼ネタばれ(クリックして読む)


おおう、これは…SAWとは違うぐろさ。

ホラーというか、サイコパスというか…

要は「変態」と、その変態に運悪く捕まってしまった人たちのお話でした。パッケージのかわいいらしい絵に騙されてしまった。
とにかく気持ち悪さ全開。

日本人が出てましたが、彼はヤクザ?の扱いなのか微妙でしたが。

それに博士の病的な部分にほとんど触れず、一貫して変態を貫いてましたね。

それでも、ツメが甘いのがセオリーか…

続編はむかでの犠牲が12人とか…

うわー。これ、公開無理じゃね? »ガイドライン違反報告

投稿:夏目ゆずは

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

「宣伝だけ見ていれば、それで充分」 (投稿日:2011年11月2日)

観るまでの気分の盛り上がりを楽しむ映画、と言えばいいのかも知れません。

人間の口を他人のケツに縫い合わせてムカデ人間を作るというアイディアは、バカバカしくも秀逸で面白いのですが、実は映像はちっとも面白くない。

しょせん、一発ワンアイディアを映画化しようというのがムリってことなのでしょう。
退屈しました。

渋谷でレイトショーでしか上映されていないのですが、夜遅くに渋谷に集まる多くの観客の反応も、なんじゃこりゃあ、という雰囲気が多かったです。

C級映画という点から言えば、私は「死霊の盆踊り」も観た経験がありますが、死霊……のほうは、作り手側に「自分たちがいかにくだらない作品を作っているか」という正確な自覚があったと思います。
だからこそ、死霊……は「カルト映画としては」成功した。

ムカデ人間は、オカルトではないし(慎重にオカルトさが除去されている)、かといってカルト映画として笑えるところがなく、正直言って話題になるほどの面白みはないです。

結論を書くと、
「宣伝だけ見ていれば、それで充分」 »ガイドライン違反報告

投稿:お水汲み当番

評価:2
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

続編もあるんだ~ (投稿日:2011年8月18日)

博士のムカデ人間作りへの情熱がすごいのだが、その理由はただひとつ、「変態だから」。過去にトラウマがあったのかもしれないが、映画はそれをまったく描写しない。そのへんをバッサリ切ったのは良かったと思う。

博士は世界的に高名な外科医だったはずだが、何かとやることのツメが甘い(日本人の口を塞いでからインターホンに出ろよ!とか)のは、やっぱりホラーに徹しない、コメディーに近いものを感じたなあ。設定を初めて聞いたときに感じるうんこ的イメージもさほど映像では見せないし、一歩引いてるよねえ。

ところでムカデの先頭が日本人だったのは、ドイツ語でも英語でもない、その場の人間が理解不能な言葉を喋らせたかったからだと思いますが、やはり「ホステル」(三池崇史が出演してる)へのオマージュなんでしょうね。 »ガイドライン違反報告

投稿:すけざえもん

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

ハンパないヤバさ・・・ (投稿日:2011年7月21日)

参りました・・・
このヤバさハンパないですね。
無茶苦茶グロかったりエグかったりってことでもないけど
何とも言えないぶっ飛びさで
スクリーンから目を離せませんでした。
ハイター博士の狂人ぶりもさることながら
日本人役の北村昭博がいいですね。
バリバリの関西弁でわめき散らして
この作品の異常さ激しさを引き立てました。
»ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

観てしまった (投稿日:2011年7月17日)

気になってたんですよ。この作品。
B級ってことは分かってるし、グロいことも予想してましたから。
予想通りです。でも予想を超えるほどでは無かった。
そもそも設定がいいんですよね。
人間の口とケツを繋げてムカデ人間!って設定が馬鹿げていて笑えます。
思ってたほどウンコは出てきません(笑)
主人公のマッドドクターはキモい顔がイイですね。
しかし一番笑えるのは先頭になる関西人です。
全編関西弁でなじりまくるセリフがイイですね。
ホラーと言うよりコメディに近いかな。
でもグロ嫌いな人やB級を楽しめない方には無理です。
続編があるって…それは如何なものか…
»ガイドライン違反報告

投稿:ayoihs

評価:3
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

B級映画を劇場で見るという素晴らしさ! (投稿日:2011年7月4日)

まさかこの作品で、劇場で映画を見る楽しさを再認識させられるとは…。

公開初日、映画館へ到着するとロビーは大混雑で、すでに開場前から劇場は異様な熱気に包まれていた。もちろん、客席は満員御礼で立ち見客も多数、想像以上のムカデ人気に作品への期待は高まるばかり。さらに、出演者の北村昭博さんが飛び入りで(予定では上映後のトークショーのみ)上映前挨拶に登場し、サプライズでトム・シックス監督のビデオメッセージが流れると、場内のボルテージは最高潮に。上映前から観客全員がムカデ祭り状態で、興奮が冷めやらぬまま本編上映に突入! 

…そして、上映開始から90分後、エンドロールの終了と同時に場内からは盛大な拍手がわき起こり、観客はとてつもない一体感と高揚感に包まれていた。タイトルや予告編を見てある程度の予想はしていたが、作品そのものはB級映画の王道とも言うべき、まさしく期待どうりの内容。とにかく突っ込みどころ満載で、上映中は何度も場内で爆笑の渦が巻き起こり、いろんな意味で「映画史上もっともヤバい映画」というキャッチコピーに嘘偽りはないと実感させられた(笑)。誰にでもおすすめできる映画では決してないが、この手の作品が好きな人や興味がある人は、間違いなく最高に楽しめる。私の右側に座っていた中年のおじさんも、左側の若い女の子も、目の前にいたカップルも、30代の私も、とにかく性別や世代に関係なく、上映中はみんなひとつにつながってゲラゲラと大声あげながら笑っていた。

ここ数年、個性的な映画を世に送り出してきた配給会社やミニシアターが次々と潰れていく状況のなかで、いつしか「ムカデ人間」のようなB級・カルト・ゲテモノ系の作品を劇場で鑑賞できる機会はほとんど失われてしまった。私みたいに、この手の映画が大好きな人間にとってはまさしく冬の時代で、レンタルDVDの棚の片隅にひっそりと置かれている作品を探し出して、自宅でひとり孤独に鑑賞する日々を送っていたわけだが、今回「ムカデ人間」を劇場で見て、やはりこの手の作品は映画館の大スクリーンで大勢の仲間(観客)と鑑賞するのがいちばん楽しめるのだと思った。

とにかく、大コケするリスクがあったにもかかわらず(笑)、このような作品を世に送り出してくれた配給会社と劇場に心から感謝です。 »ガイドライン違反報告

投稿:エステク

評価:5
星評価

3人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ムカデ人間 > レビュー