映画-Movie Walker > 作品を探す > ミラル

予告編動画を見る ミラルの画像

カンヌ国際映画祭監督賞など数々の賞に輝いた「潜水服は蝶の夢を見る」で世界的に評価されたジュリアン・シュナーベル監督によるヒューマンドラマ。パレスチナの孤児のための学校で育った少女の生き方を通して、パレスチナ問題を描く。出演は「スラムドッグ$ミリオネア」のフリーダ・ピント、「扉をたたく人」のヒアム・アッバス

4/5
[?]評価方法について
総評価数 9
レビュー 1
投票 8
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 33% (2)
星4つ 100% (6)
星3つ 16% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

1948年、イスラエル建国宣言の1カ月前のエルサレム。その路上にはユダヤ民兵組織によって親を殺された孤児たち55人の痛ましい姿があった。ヒンドゥ・ホセイニ(ヒアム・アッバス)は、自身の資産をつぎ込み、孤児たちのホームとなる“ダール・エッティフル(=孤児の家)”という学校を創設する。“ダール・エッティフル”の生徒数はやがて3,000人を超え、ヒンドゥはそうした孤児たちのために生涯を捧げることになる。1978年に母親を亡くし、“ダール・エッティフェル”の門をくぐった少女ミラル(フリーダ・ピント)は10年後、美しくも芯の強い17歳に成長していた。ミラルは、子供たちに勉強を教えるために訪れた難民キャンプで、イスラエル軍に家屋が破壊される衝撃的な光景を目の当たりにする。さらに若き活動家ハーニ(オマー・メトワリー)の掲げる理想に共感した彼女は、急速に政治への関心を強める一方で、イスラエルへの敵対心を抱いてゆく。しかし、それは恩師ヒンドゥや父親ジャマール(アレクサンダー・シディグ)の願いを裏切る行為だった。暴力には暴力で対抗すべきか、それとも教育によって平和を手繰り寄せようとするヒンドゥの信念を受け継ぐべきか……。重い選択を迫られたミラルは、果たしていかなる決断を下すのか……。

見たい映画に
登録した人
19

作品データ

原題 MIRAL
製作年 2010年
製作国 フランス イスラエル イタリア インド
配給 ユーロスペース=ブロードメディア・スタジオ
上映時間 112
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ミラル

ムービーウォーカー 上へ戻る