スパイは暗躍する|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スパイは暗躍する

1939年公開,0分
  • 上映館を探す

「無敵艦隊」「お気に召すまま」のローレンス・オリヴィエと「無敵寒帯」「都会の雷鳴」のラルフ・リチャードソンが主演する映画でブロック・ウィリアムス、ジャック・ウィッティンガム及びアーサー・ウイムベリスが書下ろし、「茶碗の中の嵐」のイアン・ダルリンプルが脚色し、「再び戦場へ」「舗道の殺人」のティム・ウィーランが監督し、「女だけの都」のアリ・ストラドリンが撮影した。助演は「フランケンシュタインの花嫁」のヴァレリー・ホブスン、「白衣の天使」のジョージ・カーゾン、「茶碗の中の嵐」のガス・マクノートン等。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

度重なる新型爆撃機疾走の報に神経をいらだたせた当局は、警視庁のハモンド警部に真相を調査させる。飛行機会社のテスト・パイロットたるロニイは、偵察飛行に参加して洋上を操作したが無為に終った。本土をはるかに離れた洋上の怪汽船ヴァイキング号は、怪電波で試作飛行機を操縦不能に陥らせ、乗組員を監禁して新式機関を奪いとる。ハモンドはジェンキンスという男をスパイと睨み、巧みに彼を誘導して頭目の名を聞き出そうとしたが、その瞬間にジェンキンスは何者かのために射殺される。トニイは愛人の女流記者ケイに励まされ、新しく命ぜられた試験飛行の任務に勇躍出発したが、再びヴァイキング号の怪電波により撃墜され、船内に監禁されるに至った。一方ハモンドはスパイたちの確証を握り、艦隊を誘導してヴァイキング号を襲撃するため出動する。船内のトニイは同志を語らい、船員たちと大乱闘を起し、敵の機関銃を奪って戦ったが、少人数の悲しさにすでに危ないとき、ハモンドの乗った駆逐艦は見事巨弾をヴァイキング号に浴びせて、無事にトニイ等を救った。かくしてスパイ団は捕えられ、トニイとケイはめでたく結婚した。

作品データ

原題
Clouds Over Europe
製作年
1939年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?