映画-Movie Walker > 作品を探す > シャッフル

予告編動画を見る シャッフルの画像

ドラマ『深夜食堂』などの映像作家・及川拓郎が作・演出を手がけた劇団スパイスガーデンの同名舞台を、及川自身のメガホンで映画化した異色サスペンス。一癖も二癖もある5人の強盗団に正体不明の人物がからみ、先の読めない駆引きを繰り広げる。金子ノブアキ賀来賢人鎌苅健太ら若手イケメン俳優の共演に注目。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 14
レビュー 2
投票 12
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 16% (1)
星4つ 100% (6)
星3つ 66% (4)
星2つ 50% (3)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

30歳のフリーター・戸辺コウヘイ(金子ノブアキ)は、1週間前から記憶喪失になっていた。彼のもとに、あるモニター調査の案内状が届く。そこにはシャッフルというプロジェクト名と、期間は1日で報酬200万、失われた記憶を取り戻せることが書いてあった。戸辺は、指定されたミツルギ町のワイン工場跡へ行く。そこにはすでに、3人の男がいた。そこへモニターの担当者・神宮寺(市川亀治郎)が現れる。モニターの4人は戸惑いながら自己紹介する。29歳の建設業・堺シンゴ(鎌苅健太)、35歳の飲食店経営者・物部ユウサク(ムロツヨシ)、26歳のオカルト系フリーライター・轟ゲンゴロウ(賀来賢人)、そして戸辺の4人は神宮寺の指示に従い、課題をこなしていく。しかしその度に、戸辺は妙な頭痛を感じていた。実はこの5人は先ごろ発生した銀行強盗“森の窃盗団”の一味で、謎の人物Mr.ヤマシタの依頼で約2億円をキツルギバンクから奪っていた。しかし事前に警察に情報が漏れていたらしく、5人は危うく命を落とすところだった。さらに戸辺が記憶喪失になり、彼が隠した金の在処がわからなくなる。このプロジェクトは、戸辺の記憶を取り戻すべく4人が仕組んだものだった。全て順調に進んでいるかのように思われていたが、神宮寺が突然、何者かに襲われる。ワイン工場跡に、Mr.ヤマシタが忍び込んでいたのだ。Mr.ヤマシタは、制限時間内に戸辺の記憶を取り戻せなければ、建物内の数か所に設置した起爆装置を作動させると告げる。

見たい映画に
登録した人
52

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 ビターズ・エンド
上映時間 119
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 及川拓郎
製作 伊藤ナツキ皇達也三宅容介
プロデュース 森谷雄
プロデューサー 高橋雄三
アソシエイト・プロデューサー 高柳利恵子南條昭夫山田英之
脚本 及川拓郎
企画 森谷雄
撮影 瀬川龍
音楽 北浦正尚
美術 古谷良和
編集 河原弘志
録音 中山寿範
スクリプター/記録 松村陽子
スチール 星野麻美
助監督 村上秀晃
照明 田部誠
装飾 鈴村高正
ライン・プロデューサー 須永裕之
共同プロデューサー 小穴勝幸
衣裳/スタイリスト 松本紗矢子
メイク 清水惇子
VE(ビデオ編集) 渡辺明彦
MA(音声編集) 山本逸美

キャスト

戸辺コウヘイ 金子ノブアキ
轟ゲンゴロウ 賀来賢人
堺シンゴ 鎌苅健太
物部ユウサク ムロツヨシ
神宮寺 市川亀治郎
牧野カオリ 中村ゆり
ヨーコ 吹田早哉佳
行定刑事部長 光石研
剣持直明
川島潤哉
高垣彩陽
片桐仁

レビュー

たしかにゴチャゴチャの展開でした

投稿者:おさおさ

(投稿日:2011/10/24)

たしかにタイトル通り「シャッフル」されたゴチャゴチャの展開で…

[続きを読む]

支持者:1人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > シャッフル