映画-Movie Walker > 作品を探す > 僕等がいた 前篇

僕等がいた 前篇の画像

小畑友紀のロングセラー恋愛コミックを、2部作として映画化。『ハナミズキ』でブルーリボン新人賞を獲得した生田斗真と、国内新人賞を総なめした『蛇にピアス』以来数多くの映画・ドラマに出演している吉高由里子、近年の活躍めざましい2人を主演に、切なくも波瀾万丈な恋の行方を繊細に描く。監督は『ソラニン』の三木孝浩

3/5
総評価数 20
レビュー 17
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (24)
星4つ 25% (25)
星3つ 25% (46)
星2つ 0% (10)
星1つ 25% (8)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

高橋七美と矢野元晴は、北海道・釧路の高校で出会った。七美は、矢野が死別した元恋人を忘れられずにいると聞き、思い悩んだ末に勇気を出して想いを告白。様々な試練を乗り越えてついに結ばれるも、矢野は東京へ転校してしまう。6年後、東京の出版社で働いていた七美は、同僚から矢野を目撃したと告げられ、心を揺さぶられる。

見たい映画に
登録した人
230

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 東宝=アスミック・エース
上映時間 123
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 三木孝浩
製作 市川南豊島雅郎小林昭夫都築伸一郎藤島ジュリーK畠中達郎
プロデューサー 川田尚広山崎倫明
原作 小畑友紀
脚本 吉田智子
企画プロデュース 荒木美也子春名慶臼井央
撮影 山田康介
音楽 松谷卓
製作統括 塚田泰浩
主題歌 Mr.Children
美術 花谷秀文
編集 坂東直哉
録音 矢野正人
助監督 猪腰弘之
照明 川辺隆之
プロダクション統括 金澤清美
製作担当 森悦子

キャスト

矢野元晴 生田斗真
高橋七美 吉高由里子
竹内匡史 高岡蒼佑
山本有里 本仮屋ユイカ
山本奈々 小松彩夏
柄本佑
竹内文香 須藤理彩
矢野庸子 麻生祐未

レビュー

青春が感じられる

投稿者:しゅうくりーむ

(投稿日:2012/12/23)

 高校生の純愛を描いた、青春が感じられる映画。悩みや葛藤を抱…

[続きを読む]

支持者:0人

なにこの恋愛ドラマ♪

投稿者:ns_hind

(投稿日:2012/11/17)

クラスの女子の7割が好きになる矢野(生田斗真)と学級委員:高…

[続きを読む]

支持者:0人

4回観ました

投稿者:jimmy

(投稿日:2012/6/13)

前編を2回、後編を4回観ました。 なぜなら、スクリーンの中…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

生田&吉高が『僕等がいた』大ヒットに感無量「大変だったことも青春の一部」
生田&吉高が『僕等がいた』大ヒットに感無量「大変だったことも青春の一部」 (2012年5月12日 05:17)

3月17日に前篇、4月21日に後篇が公開され、現在までに2作合わせて動員数300万人を突破した『僕等がいた』。この大ヒットを記念し、5月11日に新宿バルト9で主…

吉高由里子が生田斗真のお肌トラブルを暴露!「セリフが言えなくなるくらいへこんでいた」
吉高由里子が生田斗真のお肌トラブルを暴露!「セリフが言えなくなるくらいへこんでいた」(2012年4月21日 23:37)

累計発行部数1200万部を誇るベストセラーコミックスを2部作として映画化した『僕等がいた』。後篇の初日舞台挨拶が4月21日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催さ…

恋愛の酸いも甘いも経験した大人だからこそ楽しめる? 『僕等がいた 後篇』特別映像を公開
恋愛の酸いも甘いも経験した大人だからこそ楽しめる? 『僕等がいた 後篇』特別映像を公開(2012年4月21日 06:05)

小畑友紀の人気コミックを、生田斗真×吉高由里子出演で映画化した『僕等がいた 前篇』(公開中)、『僕等がいた 後篇』(4月21日公開)。『僕等がいた 後篇』の公開…

フォトギャラリー

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ライオン・キング
ライオン・キング

ディズニーの人気アニメーション『ライオン・キング』を新たな映像表現で実写映画化

天気の子
天気の子

家出少年と不思議な能力を持つ少女の恋の物語を紡ぐ、新海誠監督によるアニメーション

ダンスウィズミー
ダンスウィズミー

矢口史靖監督が三吉彩花を主演に自ら脚本も手掛けて挑む初のミュージカルコメディ

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 僕等がいた 前篇