映画-Movie Walker > 作品を探す > メサイア

予告編動画を見る メサイアの画像

ドラマCDをきっかけに、小説、漫画などで人気を博した同名作を『デスノート』の金子修介監督が実写映画化。公安スパイの青年がある学園に潜入し、監視対象であるクラスメートと打ち解けながらも素性を明かせないジレンマを映し出す。金子監督の前作『ポールダンシングボーイ☆ず』でも主演を務めた荒井敦史が主人公役に。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 1
レビュー 0
投票 1
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

20XX年、“北方連合”と“東連邦”の2大勢力に分断された世界では、熾烈な情報戦が繰り広げられていた。日本は救世主となるべく、警察省警備庁・特別公安局外事五係、通称“サクラ”というスパイを養成する。サクラは過去も国籍も持たず、友と心を通わせることや、任務に失敗したサクラを救うことも許されない。そんなサクラの一員である海棠鋭利(荒井敦史)は、相棒・御津見珀(井上正大)とともに、聖永学園に潜入する。北方連合のテロリスト・島田朝和(細貝圭)の弟・文和(高橋龍輝)を監視するためだ。聖永学園は少数精鋭の全寮制高校で、生徒の自主・自治制を重んじている。そのため、生徒会長の総島惣一郎(加藤慶祐)を中心とした生徒会執行部が学園の規律と秩序を守るという名目で、学園全体を牛耳っていた。鋭利は指令通り文和と親しくなるが、次第に文和に対して本当の友情を感じ始める。そんなとき、朝和から文和に、暗号めいたメールが届く。文和との友情をとるか、任務の遂行をとるか、鋭利の心は揺れ動く。

見たい映画に
登録した人
13

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 ファントム・フィルム
上映時間 93
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 金子修介
原作 黒田洋介
原案 高殿円
脚本 黒田洋介
音楽 中村由利子
主題曲/主題歌 志方あきこ

キャスト

海棠鋭利 荒井敦史
御津見珀 井上正大
司馬柊介 木ノ本嶺浩
五条颯真 陳内将
一嶋晴海 松田悟志
島田文和 高橋龍輝
安藤小百合 逢沢りな
颯太
中村有沙
新田匡章
島田朝和 細貝圭
総島惣一郎 加藤慶祐
穂高みずほ 小沢真珠
内山昂輝

『メサイア』(2作品)

メサイア 漆黒ノ章
メサイア 漆黒ノ章 (2013年8月31日公開)

浜尾京介ほか出演、高殿円の小説「メサイア 警備局特別公安五係」が原案の実写映画

メサイア
メサイア (2011年10月15日公開)

金子修介監督が高殿円原作の「メサイア 警備局特別公安五係」を実写映画化

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > メサイア