宇宙兄弟(2012)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

宇宙兄弟(2012)

2012年5月5日公開,129分
  • 上映館を探す

国内2大漫画賞をW受賞した小山宙哉の同名ベストセラー・コミックを、実力派若手キャストの共演で映画化。『岳 ガク』の小栗旬と『アントキノイノチ』の岡田将生がそれぞれ、前向きだが不器用な兄と、クールで天才肌の弟に扮して感動の兄弟ドラマを繰り広げる。『ひゃくはち』で高く評価された森義隆の監督第2作目となる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2025年。NASAが発表した月面長期滞在クルーのメンバーには日本人宇宙飛行士・南波ヒビトが含まれていた。その頃、日本ではヒビトの兄、南波ムッタが会社をクビになっていた。テレビに映る弟の姿をまぶしく見つめるムッタ。2人は幼い頃、兄弟で宇宙飛行士になろうという約束をしていたのだった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
129分

[c]2012「宇宙兄弟」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.6
  • ns_hind

    3
    2012/12/8

    2025年、兄:南波ムッタ31才、自動車デザイン会社をクビに。日本人初の月面到達者となる予定の弟:日々人にほだされて宇宙を目指し、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙飛行士募集に応募する。ドラマ。

    本編のメインは閉鎖環境ボックスとよばれる飛行士訓練施設。

    この兄弟格好良すぎる。他の人間はともかく、兄・弟に背中を押されると前に向くしかない気持ち、わかります。

    原作未読であり、これのアニメ版は5話で挫折。1クールものかと思ってたら半年を突破。もはやこれも「ダラダラいかせて」な感じ?。

    とても駆け足なのでじっくり味わいたい人には不向きかもしれないが導入パートとしては及第点。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • なつん

    5
    2012/7/7

    2人の演技に吸い込まれました!!!
    とっても感動しました!!
    いろんな感情がでて、兄弟も素敵やし、
    そのなかでやっぱりライバルとしてみたり、
    おもしろかったです\(^o^)/

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • えこう

    4
    2012/6/16

    子供の頃、夢を見る人は多いけど、実際にその夢を叶えられるのは
    ほんの一握りの人間にすぎない。

    この宇宙兄弟は弟ヒビトが宇宙飛行士になって宇宙へ飛び立つのを見て、
    兄のムッタが幼いころの夢へと再び走りだすというストーリーに始まる。

    原作は週刊漫画雑誌に連載中の人気コミックだという。
    私は未読ながら、夢を追うことの素晴らしさと兄弟の心温まる深い絆に
    泣かされ続けた。

    配役陣は兄のムッタに小栗旬、弟のヒビトに岡田将生が演じ切っています。
    さらには宇宙飛行士選抜試験場の試験官役には堤真一さん、
    そして幼少時代の子役たちに至るまでキャスティングの良さも随所に見えます。

    撮影はCGを駆使しながら、NASAやJAXAといった実在の宇宙開発
    中核施設でロケされたという映像には迫力があります。

    宇宙ゆえに無重力で浮くシーンなど、どうやって撮ったの? 
    と思えるシーンもありましたが、現代の撮影技術は私たちを宇宙にまで
    案内してくれました。

    これを観た人たちが宇宙への興味を再加熱させてくれそうな、小気味良い作品です。
    夢を持つこともそうですが、実現させることの素晴らしさを
    この映画はそっと教えてくれます。

    ある時、月面で消息不明の事故に遭難してしまうヒビトたち飛行士。
    宇宙ゆえに弟を助けに行けないムッタの切ない思いに身も心も震えた。

    打ち上げのシーンのあの迫力感には圧倒されること間違いないです。
    映画だから出せるこの大音響にも注目かな。観ておきたい
    作品のひとつでしょうね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告