映画-Movie Walker > 作品を探す > 赤ずきん

予告編動画を見る 赤ずきんの画像

世界的に有名なグリム童話「赤ずきん」の“その後”を描いたファンタジックなラブ・サスペンス。大人になった赤ずきんが危険な三角関係と、殺人を繰り返す人狼の魔の手に翻弄されていく。美しくセクシーな赤ずきんをアマンダ・サイフリッドが好演。『トワイライト 初恋』のキャサリン・ハードウィック監督の手腕にも期待がかかる。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 132
レビュー 12
投票 120
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 15% (8)
星4つ 59% (31)
星3つ 100% (52)
星2つ 71% (37)
星1つ 7% (4)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

美しく成長した年頃のバレリー(アマンダ・セイフライド)は、両親によって村一番の裕福な一族の跡取りヘンリー(マックス・アイアンズ)との婚約が決められたことを知らされる。だが、彼女には幼馴染みで木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)という、将来を誓い合った恋人がいた。2人はすべてを投げ捨てて駆け落ちを決意するが、血のように真っ赤な満月の夜、すべてが一瞬にして変わってしまう。バレリーの姉が何者かに殺されたのだ。この村では長年に渡って、動物の生け贄を捧げることで平和を保っていたが、“それ”は協定を破ったのだ。怒りに震え、復讐に燃える村人たちは、魔物ハンターとして名を馳せるソロモン神父(ゲイリー・オールドマン)を村に招く。だが、やって来たソロモンは、村人たちに思いもよらぬ事実を告げる。犯人=“それ”は満月の夜だけ狼に変わる人狼だというのだ。“それ”は正体を隠したまま村に紛れているというソロモンの言葉によって、疑心暗鬼を募らせる村人たち。次々に犠牲者が増えるなか、パニックに陥ってゆく。そして13年に一度の赤い惑星と月が並ぶ夜。血のように赤い月の下でついに“それ”は姿を現す。そして、“それ”はバレリーに話しかける。“俺はお前をよく知っている。一緒に来い”。一体“それ”は何者なのか?手がかりはダークブラウンの瞳だけ。愛するピーターなのか?婚約者のヘンリーか?それとも……?“それ”の目的がバレリーを連れ去ることだと知ったソロモン神父は、彼女を囮にして広場に拘束する。危機が迫る中、ついに“それ”の正体が暴かれるが……。

見たい映画に
登録した人
219

作品データ

原題 RED RIDING HOOD
製作年 2011年
製作国 アメリカ カナダ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 120
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

大人の童話

投稿者:八方斎旬楽

(投稿日:2012/07/25)

子供のころ読んだ童話が『大人の童話』として映画化された。怪し…

[続きを読む]

支持者:0人

人狼はいったい誰!?

投稿者:barney

(投稿日:2011/06/04)

どっかのレビューは★ひとつだったりで、評判良くなかったみたい…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 赤ずきん