TOP > 映画作品を探す > 未来を生きる君たちへ > レビュー

投稿レビュー(19件)未来を生きる君たちへは星3つ

憎しみや復讐の連鎖 (投稿日:2013年11月9日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

別居状態の夫婦の子どもでいじめられっ子と、母をガンで失った父子家庭の子どもの2つの家族。いじめられっ子の父はアフリカで医療活動を続け、民族間の争い、殺戮を目の当たりにする一方で、日常生活で言いがかりを付けられた凶暴な男に対して、あくまでも暴力を否定して対応する。一方、父子家庭の子どもは、母親の病死を経験して父への対応の怒りが心に傷となって残り攻撃的な子どもになっている。
アフリカでの医療活動も殺戮を繰り返すリーダーの怪我をあくまで仕事として治すが、ある一言で切れてしまい、その男を民衆に放り出しリンチに合わされてしまう。非暴力、報復への反対を立場を通しながらも、感情的になり理性を失う。
母を失った子どもは、爆弾を自主製作して、とある大人の車に爆弾を仕掛け復讐しようとするが、巻き添えをくらえそうになる通りがけの親子に注意するために駆け寄ったいじめられっ子が爆発により大怪我をする。
爆発物を使用したことで警察に事情徴収を受ける子どもたち。どうしてこのような事が起きてしまったのか。両親とも精一杯生きているが、子どもにはそれを受け入れられない思いがある。

»ガイドライン違反報告

投稿:mjsalsa2

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

復讐、憎しみ、暴力・・・ (投稿日:2012年12月9日)

復讐、憎しみ、暴力・・・
人が生きていくうえで付きまとう問題。
きれいごとでは生きていけない。
でも、どこかで断ち切らないと・・・
親として子供に何を教えられるのか。
子供の何を感じ取れるのか。
難しい問題です。
子供もひとりの人間として
何が正しいのかを考えることができるいい作品だと思います。 »ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

映画「未来を生きる君たちへ」 (投稿日:2012年10月22日)

人間同士だから分かり合えると頭では思いつつも、実際にはそう簡単な話では済まされない難しい問題があるのを、難民キャンプとデンマークの二箇所で起きる話を通して感じました。とは言っても、アントンの様に理解し合える努力はするべきだとも思った作品でした。 »ガイドライン違反報告

投稿:刹那

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

人間の究極の問題 (投稿日:2011年10月2日)

「悪いことをしたら、法で裁かれ罰を受ける」
そんな当たり前の事は誰だって分かっているが、それで過去の過ちやキズが消えるわけではない。では、人間はどのように生きていけばいいのか。それがこの映画の主題であり、未来を生きる子供君たちへのメッセージである。
一見難しい内容に思えるが、舞台が無法地帯アフリカと現代社会のデンマークを見比べる事でよくわかる。
アカデミーとゴールデングローブを取ったのは理解できる。 »ガイドライン違反報告

投稿:TAKA

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

うまく自分の気持ちが伝えられないもどかしさ (投稿日:2011年9月25日)

 オランダとアフリカが舞台
小学校ではいじめが、夫婦では夫による
不実を妻がどうしても許せない
 アフリカでは目を覆うたくなるような
犯罪が頻繁に起きる。その張本人が
助けを求めて治療にくる、何で助ける?とひどい目に
あった原住民は医者に詰め寄る。
 医者は患者を差別しないと冷静に言う
心の中は葛藤でいっぱいだろうに。
そんな医者も悪の根源の一言に、これまで冷静を装ってた心が切れる、見てる私でさえ(当たり前人間できてませんから)こんな人助けるべきじゃないって
思いました。
 人間が人間を許すこと なんて難しいこと
目には目をは、結局争いを延々続かせるだけだと
わかっていても、これは地球上に人類が行き続ける限り
なくならない だって自分の周りの人と仲良く
つい合えてますか?うまくいってますか?
それが大きくなったらもっと複雑。
 あなたは罪を犯した人を許せますか?
そして自分もまた罪を犯してることに気づいてますか? »ガイドライン違反報告

投稿:走れメロス

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

よかった (投稿日:2011年9月13日)

アフリカとオランダの世界
そして人間として考えさせられました »ガイドライン違反報告

投稿:endo

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

厳しい (投稿日:2011年9月12日)

厳しい現実
いじめ 暴力 戦争
しかし生きていかなあかん
プライドは
やられたらやり返す?
悪人でも助ける
考えさせられました »ガイドライン違反報告

投稿:tadashi

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

賛否両論あるでしょうが。 (投稿日:2011年9月8日)

最後、主人公とクリスチャンの会話で不覚にも涙を流してしまった。

その感情が説明できないのと、深い深い絶望の、その先を見据えるスサンネ・ピアの「まなざし」に共感してしまったので、言いたいことは色々あるんですが、5つ星にしておきます。星は1つ半おまけ、ぐらいな感じ。

「復讐」という原題、英語タイトル、そして日本語タイトルについて色々言う人が多いが、やはり原題にこのシンプルな言葉を使った監督の気持ちが一番大事だろう。でも「復讐」じゃ日本で客は来ないし(笑

くしくも、つい先日復讐を描いた映画を見たこと、理不尽な言葉の暴力を浴びせられたことなどがあいまって、そこで抱いた「空しさ」「無力感」について、色々考えてしまった。私にとっては、そういう「個人的な経験」を想起させる映画だったのだと思う。

だから、未だ、クライマックスで二人が交わす何気ない会話に何故、涙したのかは判らないし、そこで交わされた言葉すらほとんど思い出せない有様だが、それでもこの映画を支持する気持ちに揺らぎはない。良い映画でした、うん。 »ガイドライン違反報告

投稿:逢見細戸

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

子供たちの笑顔があれば、まだまだ世界は大丈夫 (投稿日:2011年9月7日)

テーマは報復と赦し。人類永遠のテーマです。

主人公はケニアで支援活動をしている医師。そこで事件が起こります。時同じくして実家のあるデンマークでも息子がトラブルに巻き込まれ・・。

主人公の医師アントンは息子にも毅然とした態度で向き合えます。対照的にクリスチャンの父親は息子と意思疎通ができない・・。

改心できない者は救いようがないけど、己の過ちに気付いて悔い改める者には未来がある。

ケニアの子供の生き生きとした瞳が印象的です。
敗戦後の日本の子供もこんな感じでアメリカ兵のジープを追ったのかしら?

 ・非行に走りそうな方
 ・息子と向き合いたい方
 ・悔い改めたい方
  にお勧めです »ガイドライン違反報告

投稿:2006年から映画

評価:4
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

間違いなく秀作です・・・ (投稿日:2011年9月1日)

衝撃的でした。
人間の内から沸いてくる本質をシリアスに描いていた社会派
ヒューマンドラマ系の映画です。

何が「善」で、何が「悪」か? を真剣に考えさせられます。
しかし、難しくて理解できないようなものではありません。

あなたの身近でも起こり得ることがテーマになっています。
この作品から必ず何かを学ぶことができるはずです。

楽しくはないですし、号泣するような作品でもありませんが、
大人と子どもの複雑に絡む「葛藤」を見事に描いていて、
間違いなく秀作だと思います。

憎いヤツや悪いヤツを「許す」ことができるか?
それとも・・・「暴力」で「復讐」するのか。

背景には、「差別」「いじめ」「権力」「貧困」「友情」
「親子愛」など、さまざまな要素が深々と刻み込まれて、
心の動きがズンズンと伝わってきます。

但し、目を覆うまでのものではありませんが、暴力的なシーン
や痛々しいシーンが多少含まれます。

特に、子を持つ大人の皆様に観てほしいオススメの作品です。 »ガイドライン違反報告

投稿:ウィルチェアマン

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画作品を探す > 未来を生きる君たちへ > レビュー