月光ノ仮面|MOVIE WALKER PRESS
MENU

月光ノ仮面

2012年1月14日公開,102分
  • 上映館を探す

『板尾創路の脱獄王』で映画監督に初挑戦し、その独特の世界観で注目を浴びたお笑い芸人・板尾創路。その監督第2作は、古典落語“粗忽長屋”をモチーフにした人間ドラマ。戦後の日本を舞台に、戦いで傷つきながらも故郷へ戻ってきた落語家を板尾自身が演じる。浅野忠信や石原さとみといった豪華共演陣が脇を固める。

予告編・関連動画

月光ノ仮面

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

昭和22年。戦死したと伝えられていた男が帰郷する。彼は落語家・森乃家うさぎとして人気を博した存在だったが、戦争で負った傷により、顔を包帯で包み、一切の記憶を亡くしていた。だが、彼はかすかな記憶をたどるように、空ろな口調で得意としていた落語“粗忽長屋”をつぶやくのだった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
角川映画
上映時間
102分

[c]2011「月光ノ仮面」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.4
  • 元電気メーカー社員

    2
    2012/2/9

    松本人志の悪い所を真似たような作品。シュール(意味不明)な演出を入れれば芸術扱いされるという安直な姿勢が随所に目立つ。映画のストーリーとは全く関係なくドクター中松を登場させるなど、前作同様、テレビのコントと映画のギャグとの違いが分かっていない。時間の流れや間が違う舞台で同じことをやっても笑いは取れない。話のオチが用意されていたのはせめてもの救い

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ほし★ママ。

    3
    2012/1/25

    「かの有名『粗忽長屋』を題材に…」と言うのは
    知っていたのですが、「かの有名な作品」を
    全く知らないまま観に行こうとした「粗忽者」です。
    これだけは知っておいた方がいいかと思い直し
    ネットであらすじ、シナリオ化したもの
    立川談志師匠高座の動画を拝見してから鑑賞しました。  

    現実味のあまり感じられない街にひとりの復員兵。
    ふらっと、寄席を覗いたかと思うと
    いきなり「高座」に上がってしまいます。
    大騒ぎで、引きずりおろされる謎の男
    観客はドタバタに大爆笑。  

    人が「その人」が「誰であるか」を決める決め手って
    何なんでしょう。
    「粗忽長屋」では、八公が行き倒れの死体を熊と決めつけ
    「俺は、毎朝顔を洗うたび、自分の顔を確認してる。
    だから自分の顔がわかる、お前の顔もよく知ってる
    そんな俺が言うんだから絶対だ」と
    当の熊に納得させてしまう訳ですが…

    本作では、師匠の娘の弥生が「あるもの」を見て
    断言したので、謎の男が真打目前にして出征した
    人気噺家で、弥生の許嫁でもある
    「うさぎ」だと決めつけられてしまいます。

    さて、弥生は気づいていたのか気づいていなかったのか。
    うさぎではないとわかっていながら
    それでも謎の男をうさぎと信じたかったのか。  

    全編通じてこんな感じ…謎だらけ。
    欠けることのない月、遊女との穴掘り
    タイムトラベラーの出現~
    どれ一つをとっても首をかしげることばかりです。
    でも、何とも想像力を掻き立てられます。

    石原さとみちゃんがすごくよかったです。
    本物のうさぎ(岡本太郎)の出現に戸惑う様子。
    謎の男に複雑な視線を投げたり
    太郎に対して思わぬ行動に出たり・・・
    弥生の気持ちだけは私なりに解釈、納得した気がしています。

    「カ・イ・カ・ン」なラストには、ただ呆気にとられましたが
    辛く悲しい戦場の死と寄席での笑いながらの死~の対比に
    メッセージが込められているのかな!? 
    どう落としてくるのか想像もつかなかったので
    さすが、「ウマイ!」と、思いました。 

    おっと、ラストにもう1シーンありましたね。
    あれは、いつの事なのか? という疑問と
    「車夫、あなたはいったい誰なの?」
    やっぱりようわかりません。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • YO99

    4
    2012/1/24

    真面目に考えながら観ているとズッコケてしまいます。
    落語「粗忽長屋」をネタに「いれかわり」と「二人羽織」から発想をいただき、「二十世紀少年」の流れで組み立てたシュールな娯楽作品です。
    自ら“ダークファンタジー”と謳っている通り決して楽しくない映画ですが、各所に滑稽と言うか訳の分からないと言うか意図的に常識を覆す場面が挿入されています。そこに興味が集中してしまうのが、この作品の怖さかもしれません。役者のキャラ立ち中心で見ると楽しめるマニアックな映画です。
    因みに自分は六角さん狙いでしたが、予想通りの“嫌な奴”を好演してくれました。当りです!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告