天地明察|MOVIE WALKER PRESS
MENU

天地明察

2012年9月15日公開,141分
  • 上映館を探す

2010年の本屋大賞第1位に輝いた冲方丁のベストセラー小説を、岡田准一を主演に迎えて映画化した歴史ドラマ。岡田が扮するのは、日本で初めての暦作りに挑戦した実在の人物・安井算哲。彼が挫折や失敗を繰り返しつつも、妻や仲間たちに支えられ、偉業に挑む姿が描かれる。監督は『おくりびと』の滝田洋二郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

江戸時代前期、800年にわたり使われてきた中国の暦がずれ始め、大きな問題となっていた。だが、暦を扱うのは朝廷で、幕府は簡単に手を出せない。そんな中、四代将軍・徳川家綱の後見人で会津藩主の保科正之は徳川家に仕える青年・安井算哲をリーダーに、正しい暦を作る大計画をスタートさせる。それは壮大な挑戦の始まりだった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
角川映画=松竹
上映時間
141分

[c]2012「天地明察」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8
  • お水汲み当番

    2
    2020/7/19

    実在した人物を元に作られた半フィクションです。

    興行的に、実在人物を描いたほうが客を呼べるという判断なのかも知れないけれど、実在の人物の個人史によってストーリーがかなり制約され、散漫になってしまった点が残念でした。

    800年間続いた暦を改暦した人物の話という骨子だけを残して、完全なフィクションにした方が、ずっと感動的なお話に組み立てられたと思うのですが、とてもいい加減なシナリオであり、不完全燃焼感を残します。

    岡田准一と宮崎あおいの恋愛描写も底が浅過ぎ。こんな恋愛、江戸時代にもないだろうし、今の時代にはもっとありえない。

    暦勝負に至っては、京都と江戸で同じ日食月食が見れるはずがないのに、それが見えるという前提でストーリーが組み立てられており、噴飯物です。

    たしかに場所によって見え方が違うという事実は、昨年までは天文ファンぐらいしか知らなかった事柄かも知れません。
    しかし今年金環食を見たあとの日本人なら、全員が知っている事実です。

    つまり、映画を「金環食が来る」のに合わせて公開するのであれば、国民が正確な知識を得る前、すなわち金環食の日よりも前に公開しておかないと、と思った次第です。

    ※お知らせ※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ナオ団長

    3
    2013/9/15

    滝田洋二郎監督作品と聞いて、あの監督の作品当たり外れが大きいからなあと不安を抱えつつ鑑賞。結果は「やや当たり」って感じでした。いつの時代も天(宇宙)の星々に対するあこがれが強い事、江戸初期にも算術が盛んだったこと、改暦に対する主人公を含むいろんな人たちの思いが、役者さんたちの演技から伝わってきてさわやかな感じが画面に溢れていました。残念なのは少し上映時間が長いかなと思わせた演出です。反面、宮崎あおいさん扮する妻との絡みをもう少し見せてもらいたい気もしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • しゅうくりーむ

    4
    2013/2/14

     暦とか日食とか月食とかいった話は割と好きなので、観てみました。正しい暦を作り、それを採用させるまでの苦悩がよく分かります。人間が天に挑む、壮大な物語です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告