恋の罪|MOVIE WALKER PRESS
MENU

恋の罪

2011年11月12日公開,144分
R18+
  • 上映館を探す

『冷たい熱帯魚』の園子温監督が、90年代に渋谷で起きた実際の殺人事件からインスパイアを受けて作り上げたサスペンスドラマ。ラブホテル街のアパートで女の死体が発見されたことをきっかけに、3人の女の運命が交差していく。『踊る大捜査線』シリーズの水野美紀が、謎の猟奇殺人事件を追う刑事役で体当たりの演技を見せる。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

浮気相手と情事の最中、殺人課の刑事・和子のもとに渋谷区円山町のアパートで凄惨な変死体が発見されたと連絡が入る。事件を捜査していくうちに、ベストセラー作家の妻で専業主婦のいずみと、大学のエリート助教授・美津子の存在に行き当たる。和子は2人の驚くべき秘密を知り、殺人事件に隠された真実を知ることになる。

作品データ

映倫区分
R18+
製作年
2011年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
144分

[c]2011「恋の罪」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

3.5
  • 馮美梅

    4
    2015/1/27

    多分、同じ女性でもおかれている立場によってこの作品に出てくる女性たちに共感できなかったり、男性目線だと言う人もいるかもしれません。

    園監督がこの作品は女性目線で作ったとどこかで話されていたと記憶していますが、女性の深層心理を良く表現しているなと思いました。

    形は違えども女性多かれ少なかれ女性も男性用のように生に対する欲もある。満たされない物を色んなものを通して解消しようとしている。この作品に登場する女性たちもそう。

    実際の事件をベースになかなか面白い切り口で作品を作ってるなと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 幸子

    4
    2015/1/16

    個人的には好きな映画。園子温作品の中で二番目くらいに好き。あまりにも生々しく、女優さんの演技に目が離せない。なんだか切なくなってくる映画。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • hellohowlow

    1
    2013/2/5

    こういう、偽のエキセントリックが
    ひとたび裏で祭りあげられてると
    とたんにメディア中心に受け取る側の批評性がなくなる。
    権威嫌いのはずが、権威に寄り添うみたいに。
    「異端児」「奇才」とかレッテル貼りしたら、
    無条件にひれふす。

    血、死体、裸、こういうなんとなくエキセントリックな要素を使う。
    しかし、その実ステレオタイプにしか描けていない。
    何も衝撃がない。
    ほとんど映画を見ない人に対してのエキセントリックでしかない。
    ステレオタイプの異端を気取っているようにしか見えない。

    骨の部分に、何も異端がない。

    ファッション異端で終わってる。

    ロックとかいって皮のずぼんをはいて髪は赤いけど、
    曲は歌謡曲ですみたいなものと共通する。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告