ザ・ライト エクソシストの真実|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ザ・ライト エクソシストの真実

2011年4月9日公開,120分
  • 上映館を探す

『エクソシスト』シリーズをはじめ、数々のオカルト映画で描かれてきたエクソシスト(=悪魔祓い師)。バチカンが認める正式な職業であり、現在もさかんに行われているというその儀式の全貌を、実話にもとづきリアルに描き出す。闇の世界にどっぷり浸かった異端の神父を、『羊たちの沈黙』のアンソニー・ホプキンスが怪演する。

予告編・関連動画

ザ・ライト エクソシストの真実

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

信仰を失いかけた神学生マイケルは、恩師のすすめでローマに渡り、バチカンのエクソシスト養成講座を受ける。異端だが一流のエクソシストとして名高いルーカス神父の助手になった彼は、悪魔の存在を疑いながらも、ある少女の儀式に立ち会うことに。そこでマイケルを待ち構えていたのは、悪魔の存在を証明する恐るべき出来事だった。

作品データ

原題
THE RITE
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
120分

[c]2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • シアターマスター

    4
    2019/3/23

    副題からあの「エクソシスト」をつい思い浮かべますが、悪魔に憑依された人間の表現の仕方や衝撃度としてはそちらよりも控えめで見やすかったと思います。

    驚かせるシーンもそれほど怖くない、はずなのに悪魔祓いのシーンで思わず体に力が入ってしまったのは、アンソニー・ホプキンス氏はじめ役者さんたちの演技に迫力があったからだろう。一部、事実を基にしているという点で言えばかなり忠実に再現されているのかもしれない。……まあ、私はテレビの心霊特番で海外の悪魔祓いの様子を見た程度でしかないが。

    ジャンルがホラーなので感想は分かれると思いますが、正直あまり期待をしないで見た分、無理やりな展開などもなかったので個人的には好感を抱いた作品です。未公開シーンも良かった。

    ところで、ロバの悪魔はどうなったんだろう。実在するルーカス神父と、アメリカで数少ないエクソシストになったマイケル神父の悪魔との戦いをもっと見てみたい気もします。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ペンギンのヨッド

    5
    2011/9/20

    久々に名セリフの多い傑作。でもリピートは怖い!悪魔祓いを仕事にしてたら、こんな恐ろしい事もあるだろうが、それがアンソニー・ホプキンスの芝居となると・・・もう怖すぎ!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 逢見細戸

    3
    2011/5/3

    そういう意味で、日本語の副題は決して間違ってない(笑

    元祖である「エクソシスト」も、神の信仰に疑問を抱いている男が「神なるものの存在を認めなければならない、神と対峙するもの」(要するに、対峙するものがいるんだから、神さまだっているよ、という理屈)にたどり着く話で、これは全くそのままなのであった。

    本当に悪魔がいるかどうかはともかく、神さまの力を借りないとどうにもならんがね、という事態に陥る話なので、ま、その辺の真贋は見る人が考えれば良いのでは無いかと。

    何となく演技力で押し切られた感じがありますが、こういう変な映画はやっぱり面白いですね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告