アメリカン・ジゴロ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アメリカン・ジゴロ

1980年10月25日公開,117分
  • 上映館を探す

若い肉体と洗練されたマナーを武器に上流階級の女たちを相手にする“ジゴロ”。そのジゴロを職業とする青年の華やかさの裏にひそむ満たされない心を描く。製作総指揮はフレディ・フィールズ、製作はジェリー・ブラックハイマー、監督・脚本は「ローリング・サンダー」等の脚本を手がけたポール・シュレイダー、撮影はジョン・べイリー、音楽はジョルジオ・モロダー、編集はリチャード・ハルシー、美術はエドワード・リチャードソン、主題歌はブロンディが各々担当。出演はリチャード・ギア、ローレン・ハットン、へクター・エリゾンド、ニーナ・ヴァン・パラント、ビル・デューク、ブライアン・デイヴィス、K・キャランなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

完璧な身のこなしと不思議なムードをもつジュリアン(リチャード・ギア)は、上流階級の婦人たちを相手にする売れっ子ジゴロだ。今日も、彼は黒塗りのベンツに乗って女主人アン(ニーナ・ヴァン・パラント)に会いに行った。彼女はトリノ生まれで身よりのないジュリアンを教育し、一流のジゴロへと育てたのだ。しかし、アンから依頼される仕事は、時として嫌悪をもよおすものがあり、自分の自由に商売ができるようになりたいと常々思っていた。ある日、仲間のリオン(ビル・デューク)からピンチヒッターの依頼を受ける。趣味の悪いSMやホモ中心に稼ぐ彼をジュリアンは嫌っていたが、金の条件が良いのでOKした。アンから受けた仕事を終えた夜、ジュリアンは、ビヴァリー・ヒルズの高級ホテルのバーで、ミシェル(ローレン・ハットン)という美しい女性と会った。彼女は、上院議員ストラットン(ブライアン・デイヴィス)の妻で、外遊で多忙な夫とは醒めた夫婦生活を送っており、欲求のはけ口を求めてバーに来ていたのだった。ジュリアンは、他の女性たちとはどこか違う彼女の魅力に惹かれる自分を感じたが、近づく気にならず、席を立った。翌日、リオンからの依頼でパーム・スプリングに向かったジュリアンは、レイマン(トム・スチュアート)という男の妻で異常性欲者を相手にした。ジュリアンは、以後リオンからの仕事はことわった。自分のアパートに戻ったジュリアンは意外にもミシェルの訪問を受け、彼女を抱いた。数日後、ジュリアンが相手をしたレイマンの妻が殺されるという事件が起きる。彼にはアリバイがあったが、一緒にいた女性がスキャンダルを恐れ、事実を否認したため、彼の立場は危うくなる。ジュリアンは自ら犯人捜しを始めるが、その結果、事件の黒幕がリオンであることをつきとめた。ジュリアンに拒まれた仕事を金髪の青年にやらせたところ、あやまってその青年が彼女を殺してしまったのだ。日ごろ稼ぎの面で劣等感をもっていたリオンは、その罪をジュリアンになすりつけようと細工したのだ。リオンを責めるジュリアン。そしてベランダに立っていたリオンは、あやまって足をふみはずしベランダから墜落死してしまう。ジュリアンは逮捕された。リオンが死んだ件は事故としてかたづけられるが、レイマン夫人の件は、まだ彼が犯人とされていたのだ。数日後、この事件に新たな展開が見られる。ミシェルが、彼と一緒だったと偽証したのだ。彼女は自分の地位も名誉も捨てて、ジュリアンとの愛に全てを賭けたのであった。そして、面会に来た彼女を、ジュリアンは愛をこめて見つめるのだった。

作品データ

原題
American Gigolo
製作年
1980年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント映画=CIC
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • みるみる

    3
    2019/8/25

    ジゴロって本当にいるの?だとして彼にあんな風に囁かれたらもうどーにでもして!って感じになりますわな。上流階級の奥様相手だけあって生活や着る物もとても上質だし頭も良い。そして綺麗な体とあの目!たまらん。
    ストーリーはまあ普通。最初の30分はジュリアンの生活ぶりが描かれます。お洒落な部屋で唄いながらの服選び。自信満々の色男が理不尽に罪を着せられてさあどうする?って感じなんだけどアクションがあるわけでも無く犯人を追いつめてドンパチするでも無く。その手の映画を好んで見てたので物足りないかというとそうでも無く。大人の映画なのかな。
    最初から最後までリチャード・ギアの魅力満載ですが、ラストの面会シーンの手を重ねるのではなくて額を寄せる場面はとてもよかった。主題歌が「コール・ミー」だったのは知らなかったので懐かしかったわ。衣装は当時は無名だったジョルジョ・アルマーニが担当したとか。40年前ですから時代の流れを感じます。
    しかしリチャード・ギアをカッコイイから可愛いと思ってしまう年になったのだな、とつくづく実感しました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • moto

    3
    2007/3/21

    そりゃあんな男が言い寄ってきたら断る女はいないでしょう。

    リチャード・ギアがジゴロという女を喜ばせることで稼ぐ役をやっているのだが、ある日に一人の美しい女性を見かけ声をかけたところから心境が変化していく。
    しかし、数日前に相手をしたクライアントが何者かに殺害され容疑者にされてしまう。

    ラストは大体予想できるしアメリカ映画らしさが感じられるけれど、リチャード・ギアのあのしぐさはほんとにかっこいいから魅せられてしまう。

    最近だと『Shall We Danse?』の渋くなった彼だけれど、若い頃はこんな役もやってたんだなと思った。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告