映画-Movie Walker > 作品を探す > ガクドリ

予告編動画を見る ガクドリの画像

毎年8月に日光サーキットで行われる学生限定のドリフト大会「全日本学生ドリフト王座決定戦」を題材にした青春ムービー。あこがれの女性に近づきたい一心で、自動車部に入部し、やがてドリフトの才能に目覚めていく大学生を「仮面ライダーW」で仮面ライダーアクセルを演じた木ノ本嶺浩が熱演する。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 3
レビュー 0
投票 3
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 0% (0)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (2)
星2つ 50% (1)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

一浪して赤城山大学に合格した佐藤マサキ(木ノ本嶺浩)は、自動車教習所の美人教官、菜々子(杉本有美)に一目惚れ。偶然にも彼女は赤城山大学自動車部のOGで、バリバリのドリフターだった。今でも時折、彼女が自動車部に顔を出すと聞いたマサキは、彼女に近づこうと、すぐさま入部を決める。とはいうものの、ドリフトどころか自動車に関してすら全く知識のないマサキは一から勉強や練習を開始。やがて、先輩で最大のライバルの今井や幼なじみの熊太郎(菊田大輔)などの仲間たちと腕を競い、頭角を現していく。その一方で、彼の前には様々な仲間やライバルが現れる。常に不機嫌な金持ちの坊ちゃん学生、速水(加藤和樹)。彼は金に物を言わせて一流のパーツを揃えていたが、車への愛情を失っていたせいでドリフトの腕は今一つ。仲間からも孤立していたが、ある事故をきっかけに、車に興味を抱き始めた頃の情熱を取り戻す。いろは坂女子大に通う女子大生、莉香(三浦葵)は筋金入りのドリギャル。ドリギャル仲間とともに、キャバクラでアルバイトする一方で、休日にはばっちりデカ目のメイク講座や骨盤ダイエットに通うなど、女らしさを磨くことにも余念がない。すべては女にしかできないドリフトをするため。そんなドリギャルの生態を取材するのは雑誌記者の豊川。取材を通して彼女らを温かく見守り、熱いものを感じてゆく。そして、全員が目指すのは毎年一回行われる全日本学生ドリフト王座決定戦、通称“学ドリ”だった。マサキや仲間たちの思いは、すべて“学ドリ”へとつながってゆく……。

見たい映画に
登録した人
8

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 東映ビデオ
上映時間 90
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 江良圭
製作 福原英行
プロデューサー 川崎岳安藤光造
監修 川崎隆介
脚本 百目鬼夏男大橋陽一郎
企画 日達長夫柳原祥広片嶋一貴
撮影 野村次郎
音楽 t-kimura
美術 佐々木記貴
編集 矢船陽介
録音 臼井勝
エグゼクティブプロデューサー 加藤和夫
キャスティング 門馬直人
助監督 大峯靖弘
照明 武山弘道
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ガクドリ