映画-Movie Walker > 作品を探す > ステッペンウルフ 荒野の狼

20世紀前半のドイツの都市を舞台に厭世的生活を送る中年男の彷徨する姿を描く。製作はメルヴィン・フィッシュマンリチャード・ハーランド、エグゼクティヴ・プロデューサーはピーター・J・スプラーグヘルマン・ヘッセの原作を基にフレッド・ヘインズが監督・脚色。撮影はトミスラフ・ピンター、音楽はジョージ・グルンツが担当。出演はマックス・フォン・シドードミニク・サンダほか。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

20世紀前半のドイツのある都市。主人公ハリー・ハラー(マックス・フォン・シドー)は、巷に生活しながら、深く神話的な世界に身を沈め、世間とのつきあいは最少限という厭世生活を送っている。自分では常に荒野をさまよっている狼のように、内部が分裂しているのを感じていた。いつものように町を歩いていたハリーは、<狂人のみ入場可>と書かれた文字にひかれて中に入る。そこは魔術劇場で、パンフレットを渡された。自分が異常でないことに自信をもったハリーは、以前より大胆にカフェやレストランに出入りするようになった。両性具有の謎めいた女ヘルミーネ(ドミニク・サンダ)と知りあったのはそんな時に行った店の1軒でだった。ハリーは彼女にひかれるものを感じた。2人は何度かカフェで会うが、ヘル・ミーネの心はハリーには読めず、ハリーは次第に乱れていった。彼女から様ざまな人間を紹介される。ある夜、ハリーは彼女を家に誘うがベッドにいたのはマリア(カルラ・ロマネッリ)だった。彼はマリアとの幸福な時を過ごすがそれもつかの間に終わった。やがて町を歩いていたハリーは、再びいつかのような文字を目にした。魔術劇場。スタッフは皆見覚えのある人々だった。ハリーの頭に洪水のようにイメージが湧くのだった……。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 Steppenwolf
製作年 1974年
製作国 アメリカ スイス
配給 ケイブルホーグ
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ステッペンウルフ 荒野の狼