映画-Movie Walker > 作品を探す > 学校をつくろう

学校をつくろうの画像

10年に創立130周年を迎えた専修大学。アメリカで法律と経済を学んだのち、その前進となる“専修学校”を明治時代に築いた4人の男のドラマを『ハチ公物語』の神山征二郎監督が描き出す。後に専修学校の初代校長となる相馬永胤役の三浦貴大をはじめ、次代を担う若手俳優が多数出演する。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 7
レビュー 2
投票 5
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 25% (1)
星4つ 50% (2)
星3つ 100% (4)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

明治3年(1870)。戊辰戦争で奮闘した彦根藩士・相馬永胤(三浦貴大)は新時代を見据え、日本の急務は強兵であるとの考えから軍人を志望するが、痔持ちゆえに不合格となる。薩摩藩の西郷隆盛(永島敏行)のもとを訪れた相馬は、留学を勧められ、翌年、彦根藩費留学生として横浜から外輸船に乗り、ひとりアメリカへと旅立つ。サンフランシスコに到着した相馬は、英語の訓練を受けながら下宿生活を続けるが、希望の陸軍士官学校には入学できず、法律か経済を学ぶことを決意。だが、視力が弱まり、学費の工面もできず、明治6年(1973)に帰国する。井伊家から学費を出してもらい再渡米した相馬は、明治8年(1875)、コロンビア大学に入学、そこで江木高遠、清水篤守、三浦和夫(橋爪遼)、目加田種太郎(橋本一郎)、そして旧桑名藩士・松平定教の随従として留学していた駒井重格(柄本時生)と出会う。相馬たちは英語による模擬裁判を活発に行いながら、近代日本を作るには国際的な法律知識を持った人材の育成が必要だと感じ、明治9年(1876)、日本法律会社を発足、初代社長に三浦、会計書記に相馬が就任する。日本へ帰ってから日本語で法律を教える学校を作ろうということになり、定期大会を重ねていく。その後、相馬はエール大学大学院へと進学、薩摩藩出身の田尻稲次郎(池上リョヲマ)と知り合う。明治12年(1879)、帰国した相馬たちは、銀座煉瓦街の一角に事務所を借り、「専修学校」設立の準備を進める。そんな中、相馬と目加田は司法省附属代言人(現在の弁護士)に任命され、本格的に活動を開始。目加田は勝海舟の三女・逸子と結婚。相馬も知人の紹介で陸(近衛はな)と結婚する。やがて、校舎も見つかり、私立学校開業上申書を提出した相馬らは、開業広告を出し、生徒を募集。相馬、田尻、目加田、駒井は開校式の打ち合わせをしながら、誰からともなく手を出し合って固い握手を交わすのだった。そして、明治12年(1880)9月16日、開校入学式が開かれる……。

見たい映画に
登録した人
10

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 ゴー・シネマ
上映時間 109
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 神山征二郎
プロデューサー 永田博康
原作 志茂田景樹
脚本 神山征二郎加藤伸代
撮影 加藤雄大
音楽 国吉良一
美術 春木章
編集 蛭田智子
録音 武進
ナレーション 樫山文枝
照明 原由己

レビュー

トップの方是非ご覧下さい!

投稿者:さっちょ

(投稿日:2011/02/19)

日本を変えたい!かつての敵味方関係なく若者が夢に向かって頑張…

[続きを読む]

支持者:2人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 学校をつくろう