映画-Movie Walker > 作品を探す > kocorono

日本ロック界の至宝、bloodthirsty butchersの魅力、楽曲制作の秘密、バンドの“今”を追ったドキュメンタリー。監督・脚本・撮影・音響・編集は「ドッコイ生キテル街ノ中」の川口潤。bloodthirsty butchers(吉村秀樹、射守矢雄、小松正宏、田渕ひさ子)は、1987年札幌にて結成、数々のバンドを輩出した“札幌ハードコア・シーン”を牽引する。幾多ものバンドがインディーからメジャーへと進出しビッグセールスを記録しては消える。そんなロックが産業化の波にのまれていった時代の中、満を持して91年に上京。そして96年、歴史的名盤「kocorono」を発表。その衝撃は日本ロック界に希望と感動を与えると同時に、多くのアーティストやクリエイターたちに勇気とともにある種の諦念をもたらした。その後も過去に囚われることなく数々の傑作アルバムを生み出し続け、2010年、ファンの間では最高傑作との声もある「NO ALBUM 無題」を発表する。USハードコアの伝説イアン・マッケイ率いるFUGAZIやFLAMING LIPS、RAGE AGAINST THE MACHINEなど錚々たる海外バンドとの共演、国内ではHI-STANDARD、NUMBER GIRL、GREAT3、浅野忠信など数多くのアーティストからのリスペクトなど、その存在感は単にセールス枚数で図ることなど無意味なほど大きなものであり、紛れもなく日本ロック界の宝である。結成当時の初代ドラマーでのライブ、マグマのようにシーンの盛り上がりが絶頂に達した札幌でのライブ、大ブーイングを受けながらも臆する事なくステージを全うするRAGE AGAINST THE MACHINE来日時のオープニング・アクト、アメリカでのライブ、メジャーデビュー決定時のテレビ出演等、彼らの活動歴を象徴する膨大なアーカイブ映像。そして、北は極寒の北海道、留萌。南は猛暑の台北へとバンドに完全密着し、孤高ゆえ、誰もが知り得なかった彼らの真実の姿をカメラは追いかける。

3/5
総評価数 1
レビュー 1
投票 0
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (0)
星4つ 25% (0)
星3つ 25% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 25% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

見たい映画に
登録した人
3

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 日本出版販売
上映時間 116
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

レビュー

知らんかったわぁ!

投稿者:koni

(投稿日:2011/3/4)

全くこのバンド「bloodthirsty butchers」…

[続きを読む]

支持者:0人

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
劇場版おっさんずラブ LOVE or DEAD
劇場版おっさんずラブ

男性同士のピュアな恋模様を描いた人気TVドラマ「おっさんずラブ」のその後の物語

台風家族
台風家族

草なぎ剛主演で10年ぶりに集まった兄弟たちが繰り広げるある真夏の1日の騒動を描く

人間失格 太宰治と3人の女たち
人間失格

小栗旬が太宰治を演じ、小説「人間失格」誕生にまつわる物語を蜷川実花監督で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > kocorono