あぜ道のダンディ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あぜ道のダンディ

2011年6月18日公開,110分
  • 上映館を探す

光石研がデビュー作以来、33年ぶりに主演を務める家族ドラマ。妻に先立たれた中年男・淳一と受験を控えた2人の子どもが織り成す父子愛、さらに淳一の親友・真田との友情をコミカルにつづる。素直に優しさを表現できない不器用な男のダンディズムを、オフビートに描きながら、誰もが共感できるドラマに仕上がっている。

予告編・関連動画

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

妻に先立たれ、大学浪人中の息子と高校3年生の娘を育てる淳一は50歳の中年男。子どもとのコミュニケーションはままならず、毎日、仕事を終えてから、幼なじみの真田と居酒屋で酒を酌み交わすのが唯一の楽しみだ。ある日、胃に不調を覚えた彼はガンではないかと疑い始める。だが、受験を控えた子どもには話せず、真田に打ち明ける。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド
上映時間
110分

[c]2011『あぜ道のダンディ』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • あちゃぺ

    3
    2017/7/2

    妻に先立たれ、男手一つで育ててきた主人公。
    「頑張れ、頑張れ」って自分で自分を応援して毎朝出勤している場面から拍手です(笑)
    ボクもやってます(笑)
    浪人生の長男に高3の娘が同年に全く同じではないけれど、よく似た境遇…もしくはそろそろ訪れる境遇に拍手してしまった。

    私立大学に合格。東京でそれぞれが一人暮らし。…親にとっては泣きたい気持ち。よくわかります。でも、「大丈夫!お金のことは心配するな!」と強がるところ。
    子供達と会話のない日々。なんとか会話をすべく色々と手段を考えるお茶目なところ。
    まさに拍手…共感できるという意味で。

    娘が二人いる自分…。
    親離れが顕著な今日この頃…。
    仕方ないとはいえちょっと寂しい今日この頃…。
    コミュニケーションを取ろうと苦労する今日この頃…。
    この映画を観ていると「ボクも頑張ろう」って思えます!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • がんせきおーぷん

    3
    2012/4/17

    妻が亡くなり、子供との会話もほとんどなし。子供のこともよくわからない。仕事も体調不調からうまくはいかない。みている方もストレスを感じてくる。

    そんな中、親友の登場で何となく画面が和んでくる感じがした。何度も帽子に難癖をつけるとこも私は気に入った。

    設定の年齢に近づく者としては、よくわかる場面が多数あった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • どすん

    3
    2011/10/2


    主演は~
    光石研さんです!!

    そして主人公の親友に
    田口トモロヲさん!!

    濃いな~。

    北関東(おそらく群馬)の地方都市。光石研さん演じる50歳になった宮田淳一は運送業の会社員。子供は1浪の俊也と高3の桃子。最近は会話もなく、2人とも大学を合格したが父親との会話がないため淳一にはわからない。母親は胃癌で亡くしている。
    この母親を西田尚美さん(笑)ほぼ写真のみの出演!!

    淳一は仕事を終えると田口トモロヲさん演じる中学校時代からの親友真田と居酒屋の飲んでいる。

    そんな中淳一は胃癌の疑いが・・・・
    そんななか2人の子どもが東京の大学に合格したことをしる。
    彼らが東京に行く前に思い出を残すために堅物な淳一は真田とともにいろいろ策を練る。しかしそれも空回り・・・・

    ってな感じで脱力系で進んでいきます。

    淳一が居酒屋で叫ぶ言葉が印象的でしたね・・・。

    真田:おまえ大変じゃないのか?2人大学受験だろ・・

    『こんな時代にオジサンしてるんだ!!
    前にも後にも行けない50代は大変に決まってるだろ!!』

    っと。

    そんな感じなんですね・・・50代は。
    なんとなくわかる反面、家族とのみコミュニケーションの取れないオヤジってのもダンディだなって(笑)

    光石研さんのキャラが光ってます。
    田口トモロヲさんも。

    ただ・・・
    『川の底からこんにちは』
    という強烈な映画を観てしまったので、もう少し腹に残るものが欲しかったです。
    アクエリのような映画で、見終わった後に
    『へっ?』
    って感じで。
    50歳になってみたら違う部分でくるのかもしれないです・・・

    いまのまだ50までは行ってないジジイから見て・・・そこまでハマれませんでした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告