ロック わんこの島のレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ロック わんこの島のレビュー・感想・ネタバレ・評価

2011年7月23日公開,123分

ユーザーレビュー

3.1
  • 刹那

    3
    2014/9/27

    実際に三宅島であった話を元にしているのもあり、住み慣れた土地から離れてながらも帰島を夢見て生きる姿、ロックを家族として大切にしている姿が、ところどころで実際にあったであろう光景を交えつつ、希望を持ち続ける大切さを教えてくれた作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • gontasecond

    3
    2012/2/6

    泣かされちゃうかと思いきや、意外と泣けない。
    生まれたときから世話してくれた飼い主を忘れるわけ無いじゃん。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 優太郎05

    4
    2011/10/7

    飼い主と主人の絆も犬一匹で随分救われる心を童心に戻った様に観る事が出来て初日に観たけど満足でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ロバくん

    5
    2011/8/16

    評価低いので、あまり観たくなかったけど、他に時間会うのがあるのがなかったので、観たけど、結構しっかりとした作品だった。麻生久美子さんの力強い母親役、結構みのがせないと思う。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ウィルチェアマン

    3
    2011/8/12

    実話をベースにした、とてもイイお話です。
    作品構成が良くて、冒頭から引き付けられました。

    平和な島。三宅島の火山の大噴火を背景に、
    子どもの動物への愛情、自然との闘い、命の重さ、復興、現実・・・
    今に通じる要素をしっかりと伝えています。

    夏休みになって、子ども向きの作品がいろいろと上映されて
    いますが、この作品は子どもさんを含めたファミリーでご覧に
    なってほしいハートウォーミングなストーリーです。

    しかし、感動して涙するまでには至りませんでした。
    何となくですが、演出というか、キャスティングも含めて、
    ちょっと無理しているように思いました。

    父親に佐藤隆太、母親に麻生久美子。
    小学生の親役を情熱的且つ爽やかに演じていますが、何となく
    軽いです。個人的には、もう少しリアルな演出で重厚感を出すと、
    また違ったもっともっと良いものになった気がします。

    ラストはとても前向きで、好感が持てました。
    観るかどうか迷ったのですが、観て良かった作品です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • しろくま

    1
    2011/8/8

    駄作です。

    三宅島の大噴火をモチーフに、お涙頂戴で仕上げようとした映画のようですが、駄作中の駄作です。

    ダメな点を上げるとキリが無いんですが、まずキャスト。
    麻生久美子さんは良いです、子役も良い。ダメなのは主役の佐藤さん....実直なイメージは良いのですが、表情や演技に彼の良さが出ていない。

    次にストーリー。
    無駄にヒトを殺さなくていいです。何が伝えたいのか、芯がブレブレ。

    問題のシーン。
    里親のシーンは、日本人的な配慮が無く、一方向でしか見ていないです。

    その他、最後のシーンなんか、復興を足止めするくらいふざけたシーンが入ってます。ライフラインの大切さが全くわかっていないんですよ。

    地震、津波、台風、火山.....日本は本当に災害大国だってことを伝えて欲しかった。
    その中で、どうやって動物と関わるのか.....人間関係を含めた大切なモノを描いて欲しかったと思います。

    まぁ、かの8テレビの作品なので仕方がないですね。
    日本人には向かないです。

    行間も、感情も何も無い、これでもかってくらいの駄作です。
    劇場どころか、地上波、DVDでも見る必要は無いです。韓国に傾向している方だけ、ひっそりとご覧になって頂ければ良いのではないでしょうか。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • えこう

    5
    2011/8/4

    2008年に発生した三宅島大噴火から11年。
    人々の脳裏から少しずつ忘れかけた今映画となった意義は大きいです。

    しっかりと被災者の目線で描かれていて、今年3月11日の東北大震災と
    ダブって見えたのは私だけではないはず。

    ラストシーンの描き方が・・・という声を耳にします。
    ほんとに、そうなんだろうか?
    確かに里親のへの配慮は薄いですが、丸4年経ってロックが中学になる
    芯と再会を果たすシーンは自然と胸が熱くなります。
    最後は三宅島に帰島を果たす描かれ方もよかったです。

    今春の地震で被災された たくさんの人にも観てほしい。
    野山家のように、いつの日か三宅島に帰れると信じて諦めない気持ちが
    きっときっと復興へと進む被災地に励ましになる作品だと思う。

    「俺らが持たなきゃいけない武器はひとつ。落ち込まないこと」
    父ちゃんが発したこの言葉が心の奥底まで響きます。

    配役陣がまた凄いです。
    父ちゃん役の佐藤隆太、母ちゃん役の麻生久美子、
    ばぁちゃん役の倍賞美津子の家族がいきいきと演じ切っています。
    子役の土師野隆之介くんも、たくさんのオーデションの中から選ばれた
    だけあって大人顔負けの演技を見せてくれました。
    もちろんロックの名犬ぶりも見逃せないけどね。

    最初ロックが生まれた時、犬の目線で野山家の人たちを捉えていたのが
    もう絶妙だった。
    泣かせたと思ったら、時には笑わせたり監督の手腕が随所で
    見られます。「アチョ―!」もよかったしね。

    噴火による避難が言い渡され、まず芯だけが家族やロックとも離れて
    非難所に行く日の朝「いやだ!!父ちゃんや母ちゃんと一緒にいたい!!」
    と駄々をこねて泣き叫ぶその時、母ちゃんのある一言で
    「はい」と素直に車に乗り込むシーンがいい。
    劇場から笑いをも誘う名場面でしたね。

    非難所に島から輸送されていたロックが芯のもとを離れて
    噴火災害動物救護センターから里親に出されます。そのロックの乗る車を追いかける芯。
    かって非難所に行くため芯の乗る車をロックが追いかけたと同じように・・・。
    切ないシーンの連続に涙なしには観られなかった。

    この夏、私の中では最高傑作の作品だった。
    いつまでも、この三宅島で大噴火があった日のことを忘れてはならない。
    そして少しでも長くこの映画が公開なされ続けますように。
    一人でも多くの人に観ていただきたい作品です!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • miha

    3
    2011/8/1

    冒頭は暗い感じで始まります。映像は明るいのですが、息子役の士師野隆之介君の語りがとても暗いので余計に不安感を募らせる感じがしました。

    家族愛と郷土愛に溢れた映画です。
    何年かかっても絶対帰るんだ!
    そんな風に思える三宅島は本当に素敵な島なんだろうなと。
    今まで三宅島のことをあまり知りませんでしたが、この映画を見てから行ってみたいと思うようになりました。

    麻生久美子さんのお母ちゃんが素敵すぎて!
    あと、ロックはもちろん激カワですよ。
    でも、なんといっても佐藤二朗さんが一番お薦めです(笑)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • barney

    3
    2011/7/10

    噴火も起こるときは地震があるんですね。
    揺れと火山灰でこれまた大変そう!!
    家族で島を脱出する者がいる中、なんで野山家は子供だけが寮に???
    親たちはすぐに島を離れられなかったから???
    だとしても結局島を出たのだから、そしたら普通一緒に住むでしょう???

    犬を飼えなくなってロックは老夫婦に預けられますが、ロックの里親になってくれた人は、松男にまた三宅島に帰れるようになった時返してほしいと頼まれてて、普通名前を変えちゃう???
    そういう条件で里親になったんなら、そのままの名前で飼うでしょう~って???

    普通そういう条件で里親になったんなら、そのままの名前で飼うでしょう~って???
    また島に帰れるまでって言っても、何年も犬と暮らせば、かなり情がわくもの。
    それなのにこの映画ではなんかこの夫婦の存在をさらっと流している感じがした。

    隆之介くんはハンカチを片手に握りしめて観てくださいって言ってたけど、実際は泣くどころか笑えることの方が多かった~~~ぁ。
    だから実話を元に作ったにしてはちょっと............って気もしたけど.........。
    野山家の母ちゃんはたくましいし仕切ってたね。
    家族とのお別れの場面でも、駄々をこねて泣き叫んでた芯を一発で黙らせたし..............、他にもいろいろ!!
    母ちゃんは強いわ~ぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • yyyy

    4
    2011/6/10

    6月9日ロックの日。試写会行きました!
    まず、冒頭の映像に心奪われました。(この監督はDr.コトーも手がけたとのこと。映像美は健在でした!)
    終始、涙がじんわり、ぽろぽろと・・・
    今度の震災に重ね合わせる方も多いのではないのかしら、と思わせるなかなかなSTORY。
    この映画の良いところは、見終わった後雨のあとの虹を見たような温かい気持ちになれるところです。
    また、エンディングに流れる小田和正さんの歌がいい♡
    ここでも、涙腺がゆるゆると。
    夏休み家族や、中高生のお友達、カップルにもというか、皆で見てほしい。(政治家の方も)
    又福島から避難している人にも。。。。
    おすすめです(^^)

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告