スター・ファイター|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スター・ファイター

1985年4月20日公開,0分
  • 上映館を探す

ビデオ・ゲームの名人が宇宙戦士として侵略者と闘うというSF映画。製作はゲイリー・アデルソン、エドワード・O・デノールト。監督はニック・キャッスル。脚本はジョナサン・ビチュエル、撮影はキング・バゴット、音楽はクレイグ・サファン、プロダクション・デザインはロン・コブの担当。主題歌Just One Star Beyondをメリサ・マンチェスターが歌っている。出演はランス・ゲスト、ダン・オハーリーなど。パナビジョンで撮影。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は大野隆一。テクニカラー、シネスコサイズ。1984年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カリフォルニアのトレーラー・キャンプに住むアレックス青年(ランス・ゲスト)は、キャンプの雑用係として働いている。ガール・フレンドのマギー(キャサリン・メアリー・スチュアート)とのデートがおじゃんになった日、唯一の楽しみであるビデオ・ゲームスター・ファイターに挑戦し最高点をあげた。その夜、セントーリ(ロバート・プレストン)が現われ、彼を最新モデルの自動車に乗せる。セントーリは宇宙人で「今、宇宙ではズアー(ノーマン・スノー)という男が権力を握ろうとしており、我々は彼の軍団に対抗して宇宙戦闘機隊を結成、さまざまな惑星から宇宙戦士を集めている。戦闘の仕方はビデオ・ゲームと一緒だ。君も宇宙戦士になってくれ」という。宇宙戦士スカウトのセントーリに連れられてアレックスはとある惑星へ連れていかれた。しかし、アレックスは断わり地球に戻る。彼のいない間は、彼そっくりのロボット(ランス・ゲスト)が身代りをつとめているのだが、その身代りがズアーの手先に破壊された。かくして、アレックスは宇宙戦士になることを決意した。すでにそのころには、ズアー軍団によって宇宙戦闘機は全滅しており、最後の宇宙戦士となったアレックスは、イグアナのような顔をしたエイリアン・パイロットのグリッグ(ダン・オハーリー)とともにズアー軍団にゲリラ戦を挑んで勝利を獲得する。再び地球にもどったアレックスは家族と再会、マギーに一緒に来てくれと頼む。マギーは最初ためらったが、考え直して宇宙船に乗り込み地球を去っていった。(東宝東和配給*1時間40分)

作品データ

原題
The Last Starfighter
製作年
1984年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?