映画-Movie Walker > 作品を探す > BIUTIFUL ビューティフル > レビュー

投稿レビュー(13件)BIUTIFUL ビューティフルは星3つ

何かを残したい・・・ (投稿日:2013年1月14日)

闇の人生を過ごす人たちの
あまりにも重いストーリー。
犯罪に手を染めたり、
家族が崩壊したり、
人を裏切ったり。。。
一瞬明るく見えた行き先が
もろくも簡単に闇となる。
生と死の狭間で生きていくことで
何かを残したい、人に何かを残したい。
家族に何かを残したい。
周りの人達に何かできないか。。。
すごく悲しい、人の心の奥底にある何かを
ほじくられたような気がしました。 »ガイドライン違反報告

投稿:tom

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

死と愛 (投稿日:2012年2月18日)

死と愛は常に隣り合わせだ、愛が深まるほど、死が深まる »ガイドライン違反報告

投稿:mickey!

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

心の1作!骨太な秀作!繊細でいて、堂々した映画 (投稿日:2011年10月15日)

▼ネタばれ(クリックして読む)

いや・・・よかった
最後の30分涙止まりませんでした。
きれいな泣ける話ではありません。
監督も アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ !
この監督の作品みな好きです。
しかも主演のハビエル・バルデムがカンヌ国際映画祭で主演男優賞!!
コレはみなアカンでしょ!!

スペイン バルセロナの片隅。
ウズベルは前妻との2人の子どもと暮らしている。生活のためにはあらゆる仕事をしていた。前妻は薬物中毒者でウズベルは距離を置いて生活をしていた。仕事とは
・コピー商品の路上販売のあっせん
・中国移民の密入国
・麻薬取引
などであった。
子供には厳しくしつけをし、自分の行っている世界に入ってこないように努力をしていた。
そんな中体の不調で病院に行ってみると前立腺がんを宣告される。余命はあと2か月。
残された時間を何をするか。
ウズベルには父親の記憶がない。
そのためどのように接し、去っていけばいいかがわからない。悩みながらも、自分の考えることを行っていく。

最後30分間は何かする度に心打たれました。
余命2か月だから??
そんな可哀相系では泣く人ではないので・・・
ウズベルの力強さ、決意、
そして全てを死ぬ前にやっておこうとする気持ち。
うまく言えません。

ウズベルの仕事柄、かなりバルセロナの暗い部分が写されます。
その中で・・・
ウズベルの
男として
夫として
父として
何をするべきなのか?

冒頭の2つのシーンは
最後にも出てきます。
しかし、最後に出てきたときには
すべてわかった状態で・・・
号泣でした。
同じ映像なのに。最後、自分の父と雪山でのシーンの笑顔よかったです。
そして、自分の父親は何を考えていたのかを悟る・・・・
いい映画です。
自分の心の1本に追加されました。
ありがとう。
こんなオヤジになりたい です。
»ガイドライン違反報告

投稿:どすん

評価:5
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

生と死に境目はない。 (投稿日:2011年8月29日)

アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥは過去に「バベル」をTVで見ただけ。これって群像劇にする意味あるのか?と首を傾げつつも、面倒な複数のプロットをまとめる豪腕に感心した。

今回は予告編を観ただけで観たかった。ハピエル・バルデムって役者が好きだと言うこともあるが、あの予告編は何かを感じさせて好きだった。

で、本編はと言うと予想に違わぬズシリと思いヘビー級作品。

スペインという国(あるいは民族?)の感覚なのか、霊媒師のシーンに少し驚いたが、それがテーマにちゃんとつながってくるのも嬉しい驚き。幾つかの何気ないシーンが最後になって効いてくる構成も良い。役者も、どれも(子役も含めて)素敵。深く、映画館の闇に沈み込む至福の時間でありました。お茶の間で見るとつらいのではないかしらん。

ちなみに霊媒師がらみのシーンは、Jホラーみたいに怖いシーンが幾つかあります。監督は意図して撮ったわけではないのでしょうが、それだけにこういうドラマにそういうシーンが出てくるとビビリますね(苦笑 »ガイドライン違反報告

投稿:逢見細戸

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

裏社会で生きていくのも死にもの狂いなわけで・・ (投稿日:2011年7月31日)

 文学的、哲学的過ぎて一度見ただけでは理解できない内容でした。

 ストーリーもカメラも自然で別世界を見ているようで素晴らしかったのですが 自分の理解力が不足しているのか 難しく感じました。

 ウスバルが社会の底辺でもがき苦しんでいる・・ハビエル・バルデム すごい役者だと思いました。

 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『バベル』の時もそうでしたが 文学性を感じさせる作品です。

2011/7/30(土) 37/45席 資本主義の破綻の一角が見え隠れする・・ムズいorz »ガイドライン違反報告

投稿:wistrian

評価:3
星評価

1人が他の人に読んでほしいレビューだと思いました。

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

シナリオが粗い (投稿日:2011年7月22日)

役者陣の演技は★★★ 音楽は★★★★
ただし演出と構成力はマンネリだ »ガイドライン違反報告

投稿:bloom3476

評価:1
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

いい作品です。でも万人には勧めない。 (投稿日:2011年7月17日)

ビューティフル観ました。
なかなかのものです。

ストーリーは結構単純で(要するにガンで死ぬだけ)たんたんと進むのですが、何故か飽きない。

もっと泣けるかと思ってましたが、それ程でも無いし。

貧乏生活でそこそこの悪人なんですが、更に悪い事態が起きてドツボ状態。

救い用の無い悲劇なのに何故かラストは幸せを感じさせます。

結構映像や音にこだわりのある映画ですね。そういうとこも好きです。
偶々歩いている時に空を沢山の鳥が飛んで行くシーンなんかどうやって撮ったんだろう?ずーっと待ってたのかな?

私は佳作と評価しますが、他人には勧め難い映画です。 »ガイドライン違反報告

投稿:ayoihs

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

バビエル・バンデム最高! (投稿日:2011年7月3日)

彼の演技に感動しました
とにかく時間があったら見てください
損はないと思います »ガイドライン違反報告

投稿:tugaru

評価:5
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

これが人生なのかも (投稿日:2011年7月1日)

社会の底辺で生きる人々。治らない病気を持っていたり、出稼ぎに出てきていたり、危ない橋を渡っても、何らかの仕事をして働かなければならない人たち。そして、弱者から搾取する人も大勢いる。

主人公は、子供達を養うために悪いこともするが、子供や人に対する愛情はある。自分の生い立ちや境遇を考えれば、かなりやさしい人とも言える。亡くなった人の透視をする能力があるから、人の本心も見てきたのであろう。

良かれと思ってすることが、すべて裏目に出てしまうが、それが人生ともいえるのであろう。映画を見終わった後、子供達の未来が心配になってしまった。 »ガイドライン違反報告

投稿:oakmoss

評価:4
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

暗いです (投稿日:2011年6月30日)

ヨーロッパ系の映画は暗い。
裏社会の闇取引に手を染めた家庭って、あんな感じなんだろうか???
なんかいっぱいいっぱいの生活で、大人の世界を子供が淡々と見てる感じが痛々しくも感じた。
でも子供にとっては、どんな親でも親は親って感じなのかな~~と。 »ガイドライン違反報告

投稿:barney

評価:1
星評価

あなたはこのレビューをお勧めしますか?

はい

上へ戻る

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ターミネーター:ニュー・フェイト
ターミネーター:ニュー・フェイト

ジェームズ・キャメロンが製作を手掛け、『ターミネーター2』のその後の世界を描く

ブラック校則
ブラック校則

佐藤勝利×高橋海人共演で理不尽な校則と戦う高校生の恋と友情を描いた青春ストーリー

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
IT/イット

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』から27年後を舞台に描いた完結編

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > BIUTIFUL ビューティフル > レビュー