アメリカ物語2 ファイベル西へ行く|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アメリカ物語2 ファイベル西へ行く

1992年7月25日公開,0分
  • 上映館を探す

大ヒットした前作に続き、夢を追って旅をするネズミの一家を描いた冒険ファンタジー。監督は「ロジャー・ラビット」の主任アニメーターを務めたフィル・ニベリンクとサイモン・ウェルズ、製作は「フック」の監督スティーヴン・スピルバーグと「ロジャー・ラビット」のロバート・ワッツ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「フック」のフランク・マーシャルとキャスリーン・ケネディ、「アメリカ物語」のデイヴィッド・カーシューナー。脚本はフリント・デイル、原作はチャールズ・スウェンソン、音楽は「フィールド・オブ・ドリームス」のジェームズ・ホーナーが担当。オリジナル版の声優は、ジェームズ・スチュアート、エイミー・アーヴィング、ドム・デルイズらの俳優が担当。日本公開版は吹き替え。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

マウスクビッツ一家は、ニューヨークでつらい生活を送っていたが、そんな中でも、タニヤ(声・川村万梨阿)と、幼いヤーシャ、ファイヴェル(声・大友大輔)の姉弟は夢を持ち続けていた。そんな折、一家はある集会で夢のような西部での生活について聞き、移住を勧められる。早速列車に乗った一家だが、実はその集会は、悪党キャット・R・ミャオ(声・小林修)が仕組んだ罠だったのだ。途中で、ファイヴェルはミャオたちの計画を聞いてしまい、手下のチュラに列車から突き落とされてしまう。ファイヴェルが行方不明のままグリーン・リヴァーに到着した一家は、荒れ放題の地に失望するが、ミャオは言葉巧みに彼らを操る。一方、自力で西部に向かったファイヴェルは、偶然、さまよっていた親友のネコ、タイガー(声・内海賢二)に再会する。グリーン・リヴァーに辿り着いてみると、ミャオに_されてクラブの歌手になっているタニヤをはじめ家族は、ファイヴェルの話を信じようとしない。仕方なく、今は落ちぶれてしまったかつての名保安官犬、ワイリー・バープに助けを求める。ミャオが甘い言葉でネズミたちを集め、ネズミ獲りを仕掛けようとしたそのとき、バープたち3人が現れ、ミャオたちを倒す。そしてバープは、保安官のバッヂをファイヴェルに譲るのだった。

作品データ

原題
An American Tale Fieval Goes West
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル=UIP
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?