映画-Movie Walker > 作品を探す > アメリカ物語2 ファイベル西へ行く

大ヒットした前作に続き、夢を追って旅をするネズミの一家を描いた冒険ファンタジー。監督は「ロジャー・ラビット」の主任アニメーターを務めたフィル・ニベリンクサイモン・ウェルズ、製作は「フック」の監督スティーヴン・スピルバーグと「ロジャー・ラビット」のロバート・ワッツ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「フック」のフランク・マーシャルキャスリーン・ケネディ、「アメリカ物語」のデイヴィッド・カーシューナー。脚本はフリント・デイル、原作はチャールズ・スウェンソン、音楽は「フィールド・オブ・ドリームス」のジェームズ・ホーナーが担当。オリジナル版の声優は、ジェームズ・スチュアートエイミー・アーヴィング、ドム・デルイズらの俳優が担当。日本公開版は吹き替え。

0/5
この作品はまだレビュー・投票されていません。
ぜひ最初のレビューを投稿してください。
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

マウスクビッツ一家は、ニューヨークでつらい生活を送っていたが、そんな中でも、タニヤ(声・川村万梨阿)と、幼いヤーシャ、ファイヴェル(声・大友大輔)の姉弟は夢を持ち続けていた。そんな折、一家はある集会で夢のような西部での生活について聞き、移住を勧められる。早速列車に乗った一家だが、実はその集会は、悪党キャット・R・ミャオ(声・小林修)が仕組んだ罠だったのだ。途中で、ファイヴェルはミャオたちの計画を聞いてしまい、手下のチュラに列車から突き落とされてしまう。ファイヴェルが行方不明のままグリーン・リヴァーに到着した一家は、荒れ放題の地に失望するが、ミャオは言葉巧みに彼らを操る。一方、自力で西部に向かったファイヴェルは、偶然、さまよっていた親友のネコ、タイガー(声・内海賢二)に再会する。グリーン・リヴァーに辿り着いてみると、ミャオに_されてクラブの歌手になっているタニヤをはじめ家族は、ファイヴェルの話を信じようとしない。仕方なく、今は落ちぶれてしまったかつての名保安官犬、ワイリー・バープに助けを求める。ミャオが甘い言葉でネズミたちを集め、ネズミ獲りを仕掛けようとしたそのとき、バープたち3人が現れ、ミャオたちを倒す。そしてバープは、保安官のバッヂをファイヴェルに譲るのだった。

見たい映画に
登録した人
0

作品データ

原題 An American Tale Fieval Goes West
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 ユニヴァーサル=UIP
上映時間 0
twitterでつぶやく
facebookでシェアする
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ジョーカー
ジョーカー

孤独な男が巨大な悪へと変貌していく悲劇の物語をホアキン・フェニックス主演で描く

イエスタデイ
イエスタデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督がザ・ビートルズの楽曲で綴る物語

ホテル・ムンバイ
ホテル・ムンバイ

インドで起きた無差別テロでホテルに閉じ込められた人質たちの脱出劇を実話を基に描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > アメリカ物語2 ファイベル西へ行く