映画-Movie Walker > 作品を探す > ねこばん3D とび出すにゃんこ

ねこばん3D とび出すにゃんこの画像

伊武雅刀扮する中年男とネコとの交流をつづった癒し系テレビドラマが、全編3Dカメラで撮影された3D映画としてパワーアップして登場。中年男の家に居ついたスコテッシュ・フォールドと雑種の8匹のネコたちが、自由気ままにスクリーン中を動き回り、愛想を振りまく姿に癒される。

4/5
[?]評価方法について
総評価数 2
レビュー 0
投票 2
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 100% (1)
星4つ 0% (0)
星3つ 100% (1)
星2つ 0% (0)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

根本勲(伊武雅刀)、60歳。電車の運転士を定年退職して3か月。妻の敏子(りりィ)は根本と入れ替わるかのように習い事を始め、昼間は留守がち。趣味もなく、時間を持て余す根本の家の庭には、毎日違う猫がフラっとやってくる。毎日その猫たちをなんとなく眺めて暮らすのが彼の日課だった。ある日、娘から5歳の孫、ちずるの世話を任される根本。だが、当のちずるは根本にまったく懐かず、困り果ててしまう。その上、冷蔵庫のボードには“お風呂。おフトン。廊下の電球。お願いします”と妻からの指令が。慣れない家事をこなして悪戦苦闘していると、女性ものの下着を首に巻いた猫が目の前に現れる。慌ててその猫のあとを追う根本。だが、屋根に登ったものの、ハシゴが外れて取り残されてしまう。家の中には孫娘と沢山の猫たち。そして、やりかけの家事の数々。屋根の上に一人残された根本の運命はいかに……。

見たい映画に
登録した人
9

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 AMGエンタテインメント
上映時間 65
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 有馬顕
製作総指揮 吉田尚剛
プロデューサー 飯塚達介森角威之
脚本 永森裕二清水匡有馬顕
企画 永森裕二
撮影 中尾正人
衣装デザイン 永井伸子
編集 石川真吾有馬顕
スチール 山本千里
音響効果 丹愛
ヘアメイク 唐澤知子
助監督 芦塚慎太郎
アシスタントプロデューサー 田口梓

キャスト

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > ねこばん3D とび出すにゃんこ