マイティ・ソーのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マイティ・ソーのレビュー・感想・ネタバレ・評価

2011年7月2日公開,114分

ユーザーレビュー

3.4
  • TONY

    5
    2011/6/27

    「スパイダーマン」や「X-MEN」「ハルク」さらには「アイアンマン」の物語は既に何度か実写化され、一定の評価を受けてきましたが、今回のこのソーの語は素晴しい出来になっています。アクションあり「ハムレット」を彷彿とさせるドラマあり,さらにラブストーリーあり,と盛り沢山です。 他のアメコミヒーローのオリジンストーリーに負けないものになっていました。それだけこの映画にハマったということです。

    偉大なる神の息子であるソーとロキ。ある日ソーはごう慢な性格を父親にとがめられ力をすべて奪い去り人間界に送り込まれる。そこでソーが出会ったのはジェーンら科学者チームと。一方のロキは虎視眈々と王の座を狙っていて恐ろしい計画を実行し始める。

    注目はソー演じるクリス ヘンズワースら豪華キャストの演技とアメコミ映画ならではの映像美。キャストの中で印象に残るのはクリス ヘンズワースだけではありません。ロキ演じるトム ヒドルストンの演技も印象深いものがあります。私が思うにアクション映画だったりアメコミ映画だったり、この手の映画を完璧に成功させるためには敵役がいるかどうかにかかっていると思います。トム ヒドルストンの演技を観るのは今回が初めてですが、印象的な敵役ぶりを魅せていると思います。もちろんナタリー ポートマンやアンソニー ホプキンズの演技もよかったです。

    映像面に関しても申し分ないですね。3Dで観れるなら是非観たかったです。巨大なお城やクリーチャーやバトルシーンの数々は3Dで観たらきっと迫力があるでしょうね。実に素晴しかったです。
    ソーとジェーンのラブストーリーも実にロマンチックでした。ナタリー ポートマンは「ブラック スワン」もできればこういった役もこなせるんですね。

    いずれにしてもこれは弱点やら欠点やら言ってる場合でない傑作です。ケネス ブラナー監督は素晴しい作品を作りました。次のジョー ジョンストン監督のアベンジャーズヒーローシリーズ「キャプテン アメリカ ザ ファースト アベンジャー」の展開も気になります。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • barney

    5
    2011/6/24

    ギンギラゴールドにタイムトラベラー!?で神の世界のお話!?って思いましたけど、神の世界のお話なんです。
    そういえばこないだGyaOでタイムトラベラーの映画を観たばかりでした(^^ゞ

    弟はどうしたかったのかイマイチわからないところもありましたが、お父さんはかわいい子には旅をさせろで、ソーはそれでいろいろ学んだと!!

    クリス・ヘムズワースは甘いマスクでいい男、そしてマッチョでいい体!!
    ここでのナタリー・ポートマンは若く見えた~~~ぁ。

    映像がとてもきれいでしたからね、3Dで観たらもっとよかったかも!?!?!?
    この映画なら3Dの価値ありそうです(^^)v

    そうそう、エンディングの途中で帰った方、最後に続きの映像があったんですよ。
    これから観られる方は、お見逃しなく(^^)v

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 4
    2011/6/24

    語り口とか、嘗ての氷の巨人たちとの戦いの様が、まるで『ロード・オブ・ザ・リング』の嘗てのサウロン軍対エルフ、人間連合軍の中津国での戦いみたいだなぁ・・
    そして、エルフは西の国に帰って行ったんだ・・
    それが地上の創造主じゃなくて、宇宙に行った感じ。
    景色も『ロード~』をSFっぽくした感じね。

    ソーは横暴だけど、未来の王らしく頼もしくチャーミングでもある。
    物腰がね、淑女に対しては紳士なの。
    地上で変わって行く彼も素敵。

    弟君は可哀想なの。
    兄や父を愛してはいるのよね。
    でも、自分と家族の違いを、感じてしまった。

    同じように国を愛し、努力をしても、兄とは違う。
    愛されたい、認められたい思いは方向を間違って突き進んじゃう。

    本当に気の毒なの。

    なんか、本当の悪は居ないお話なの。
    笑いどころもあるけど、意外とシリアスで好感持てる人々。

    で、エンディング後のラスト映像。
    単純に見たら、続きが有るんだ~で終わるけど、違うよね。
    アメコミヒーローマニアなら解るでしょ。

    コレもお仲間なのね~って嬉しくなっちゃいます♪

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • seapoint

    4
    2011/6/24

    予備知識ほとんどなく観賞。N.ポートマンや浅野忠信が出演していることは知っていたが、まさかこの手の映画をK.ブラナーが監督ということに驚く!彼のイメージは文芸、舞台が強いがいかんせん、ハリウッドSFである。
    …主人公が属する神の世界とは一体なんなんでしょうか。なぜ容姿が人間そっくりなのか、彼らは地球人からみれば宇宙人と解釈して良いのか。SFとは理屈をこねくり回したらきりがないか。彼らが地球にやって来て(同時代)思考、文化のギャップに笑える。恋愛もあってそれが少し胸キュンだ。おそらくよくあるこういった映画のラスト、全部まとめ上げthe Endになっていない所から来るのかも。ラストのラストに豪華castを用意しているのにお得感あり。…しかしC。ヘイズワースの腕の筋肉、すごすぎる。あれCGではないよな。そして3Dでなくとも十分この映画はイケる!

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • さっちょ

    5
    2011/6/23

    正直原作の絵はいまいちなのであまり期待していなかったのですが、実写版の映画は凄い!本当に見ごたえありました。\(^◯^) 映像も迫力あり、神の世界での映像はまるでオリオン座の馬頭星雲やこと座のM57星雲のように幻想的で美しく、ストーリーも親子兄弟関係や友情あり、戦いだけでなく心の内面もしっかり描かれていて、スピード感もあり、音響や音楽も魂に響く程素晴らしく、最高でした。ソー役のクリス・ヘムズワースは『トロイ』のブラビのように見えたのは私だけ(・・?)また、アンソニー・ホプキンスが『羊たちの沈黙』や『ハンニバル』のイメージと全然違って本当にアンソニー・ホプキンスなの?別人かと思いました。(^^ゞアイアンマンのマーベル・スタジオだけあり「スターク」という言葉も出てくるので、どこで出るかも鑑賞しながら見つけて下さい。エンディング後の意味深な面も2を期待させるものと楽しみです。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ムーミン

    4
    2011/6/22

    悪や兄弟との争い物語かと思ったら、ソーの行動にはお茶目なところも多く、映画自体を楽しめる作品。
    ソーの自由奔放なところから成長する姿も、かっこよくてほれぼれしました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikki

    4
    2011/6/22

    ムービーウォーカー試写会行ってきました!

    「傲慢でオレ様なヒーロー?苦手かも…」と思いつつ見てみたら、あれ?なんか意外に可愛い…。
    スーパーパワーを持つ神様だけあって豪放磊落!
    単純で考えなしなところもありますが、天真爛漫で笑顔が可愛い、好感のもてるキャラでした。
    ナタリー・ポートマンが演じるヒロインも、はじめはちょっと変わった科学オタクですが、恋に落ちた瞬間からソーに対する行動が可愛くて可愛くて。

    「ウォッチメン」「ダークナイト」などのような深みのある作品ではありませんが、笑いあり胸キュンありアクションありの、何も考えずに単純に楽しめる映画です。
    エンドロール後も「アベンジャーズ」への引きがあって、今後がますます楽しみになりました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • グラスワンダー

    4
    2011/6/20

    宇宙も星も神話もアメコミも大好きなので最初から期待していた作品。
    ヒーロー物は単純明快でも私は大好きです。
    思慮深いタイプが好きな私は、後先考えず簡単に挑発に乗り、周りも見ないし強引でやり過ぎのソーに最初は退きました。
    尺の関係でしょうけど、神の世界から人間の世界に追放されてから短時間でソーの性格が変わるので、ちょっと早過ぎ!と思いましたが、嫌な奴じゃなくなって私も簡単にソー贔屓に。
    人間の世界では面白いシーンがいっぱいあって、場内のそこかしこから笑い声が上がってましたが私も何回も思わず笑ってしまいました。
    アクションが凄いと聞いていた割りにそれほどでもなかったし、浅野忠信さんの活躍ももう少し見たかったけど、全体的にはとても楽しめる娯楽作品でした。
    2人の恋は世界が違うからそう簡単には行かないと思うけど、その後どうなるのかな?
    続編が出来たら観たいです。
    観たのは2Dですが、公開したら3Dで鑑賞予定です。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告

関連記事