映画-Movie Walker > 作品を探す > 私の愛、私のそばに

私の愛、私のそばにの画像

09年に韓国で大ヒットを記録した感動ラブストーリー。運動神経が侵され筋肉が縮んでいく難病を患った男性と、彼に献身的な愛を捧げる妻との日々をつづる。難病で痩せ細っていく主人公を「ベートーベン・ウイルス」のキム・ミョンミンが20kg以上の減量をして役作りに挑み、韓国の映画賞・大鐘賞と青龍賞で主演男優賞に輝いた。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 8
レビュー 4
投票 4
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 33% (1)
星4つ 33% (1)
星3つ 100% (3)
星2つ 100% (3)
星1つ 0% (0)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

ある冬の日、父親が営む葬儀社で働くジス(ハ・ジウォン)は、唯一の肉親である母親を亡くした車椅子の青年ジョンウ(キム・ミョンミン)と出会う。幼なじみの2人は再会を喜び、ジスは離婚して出戻りの身であること、ジョンウは治療法の確立されていないALSという難病に冒されていることを互いに打ち明ける。他愛のない会話の後、ジョンウから交際を求められたジスは、彼の優しさに引かれ、その申し出を受ける。そしてある夜、2人は過酷なリハビリの帰りに初めて愛を交わす。一年後の冬、2人だけの結婚式を挙げるジョンウとジス。新婚旅行の予定もなかったが、この上ない幸せを感じていた。だが春になると、ジスの勧めで鍼治療院を訪れたジョンウの容態が急変。医師から“もう動けないかもしれない”と告げられたジスはショックを受ける。6人部屋に入院したジョンウを、献身的に支えるジス。だが、症状はじわじわと進行、痩せ細っていくジョンウは次第に弱音を吐き、ジスにきつい言葉を浴びせるようになる。それでも、それが看護から自分を解放しようとするジョンウの優しさだと気付いたジスは、健気に看護を続ける。息苦しさから、一時2人は距離を置くが、脳裏に浮かぶのはお互いのことだった。孤独に耐えかねたジョンウは自殺を図る。だが、それは未遂に終わり、意識を取り戻した彼が目にしたのはジスの眩しい笑顔だった。それまで以上に看護に熱意を注ぐジス。だが、ジョンウはさらに衰弱してゆく。やがて、話すこともままならなくなるが、2人の気持ちは通じ合っていた。ある夜、病室で歌うジスの姿を目にしたジョンウは、心の中で彼女への愛を呟き、大粒の涙とともに目を閉じる。“逝かないで。”ジスの願いもむなしく、安らかに息を引き取るジョンウ。数日後、柔らかな光が差し込む葬儀社の一室。穏やかなジョンウの顔を見つめるジスの目に、涙はなかった。そして、そっと最後の抱擁を交わすのだった。

見たい映画に
登録した人
12

作品データ

原題 내 사랑 내 곁에
製作年 2009年
製作国 韓国
配給 ブロードメディア・スタジオ
上映時間 121
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

キャスト

ペク・チョンウ キム・ミョンミン
イ・ジス ハ・ジウォン
パク・クンスク イム・ハリョン
イム・ソンミン
チュ・オギョン ナム・ヌンミ
オギョンの夫 チェ・ジョンニュル
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > 私の愛、私のそばに