映画-Movie Walker > 作品を探す > わさお

予告編動画を見る わさおの画像

08年に青森県鯵ヶ沢を訪れた1人の女性ブロガーが掲載した写真をきっかけに、わさわさとした毛で覆われた奇妙な風貌で人気者となった秋田犬わさお。そんな彼の知られざる過去をつづる感動作。わさおを演じるのはもちろんわさお自身。また、わさおの飼い主役を演じた薬師丸ひろ子が22年ぶりに主演作品の主題歌を担当する。

3/5
[?]評価方法について
総評価数 28
レビュー 6
投票 22
投票する

星の内訳はレビューと
投票の合計数です

レビューを見る

星5つ 54% (6)
星4つ 18% (2)
星3つ 72% (8)
星2つ 100% (11)
星1つ 9% (1)

映画のストーリー結末の記載を含むものもあります。

東京から走る貨物列車の中から、白く長い毛に覆われた大きな秋田犬が遠くの風景を見つめていた。疲れ果てて足取りも重いが、それでも秋田犬は旅を続けた。背後に白神山地の見える青森県鰺ヶ沢。動物好きの菊谷テツ子(薬師丸ひろ子)が店先で6頭の犬にエサをやっている最中に、その秋田犬は現れた。エサを与えようとしても食べず、犬は1人の少年を見つめる。その少年の名はアキラ。交通事故で入院中の母親を姉と2人で面倒見る一方で、動物好きの彼は、テツ子の動物の世話を手伝っていた。相撲とトライアスロンが盛んな鰺ヶ沢には様々な人たちがいた。テツ子の店の常連の老人3人組。中学生3人組、テツ子の夫たち。町の人々たち。そんな人々の間で、ライオンか熊かという正体不明の動物の目撃情報が相次いで持ち上がる。農作物の被害も相次ぎ、子どもたちの安全のためにも駆除が必要ということになり、マタギの猟師が呼ばれる。テツ子の前に現れた秋田犬は、ちょうどライオンのような外見をしていた。テツ子の尽力で少しずつエサを食べるようになったが、滅多に人には懐かず、現れては消えていた。その犬は、トライアスロンの練習に励む老人や地元の中学生たちをいつも励まし、テツ子のところにいる老犬を心配してくれたが、テツ子は気が気ではない。畑を荒らす熊と間違えて犬は駆除されてしまうのではないか?すべての生き物を助けようとするテツ子。母の交通事故の原因が子犬だったことから、犬を愛しながらも踏み出せないアキラ。何か考えがあるかのように、2人の近くに現れる犬。トライアスロン大会やねぶた祭りなど、様々な出来事を織り込みながら、物語は進む。北の大地で自然を愛し、人を愛し、動物を愛し生きる姿。人間としての愛情。自然に対する愛情。生き物すべてに対する愛情。もの言わぬ犬たち。はたして秋田犬とテツ子の運命は……?

見たい映画に
登録した人
39

作品データ

製作年 2010年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 116
ソーシャルブックマーク登録
はてなブックマーク
twitterでつぶやく
facebookでシェアする

スタッフ

監督 錦織良成
脚本 小林弘利
撮影 柳田裕男
スチール 鈴木さゆり

レビュー

わさおに癒された!

投稿者:えこう

(投稿日:2011/03/09)

今作品はある事故がもとで、アキラと離れ離れになった  わさ…

[続きを読む]

支持者:0人

最後ホロリ!

投稿者:barney

(投稿日:2011/03/02)

わさおはわさわさ顔でわさお!? 私的には、もさもさ....…

[続きを読む]

支持者:0人

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 作品を探す > わさお